Written by 3:51 PM 豆知識/その他

ライターとして生きるためのコピーライティング術。今話題の主婦ライター!

コピーライティングのスキルは、ネットビジネスの市場が拡大するこれからの時代かなり重要です。自分がサイトを運営する場合はもちろんですが、優秀なコピーライターはそれだけで大きな収入を稼げるだけの価値があります。そこで今回は副業としてコピーライターを目指す方や時間に縛られない自由な生き方を目指したい方必見のコピーライティング術をご紹介していきます。



コピーライティング術は全ての人に必要

インターネットを使ってビジネスをするなら、コピーライティング術は全ての人に必須のスキルです。コピーライティングとは簡単にいえば商品やサービスを魅力的に伝える文章のことでもあります。有名なところでいえば「そうだ京都、行こう」などの文章です。魅力的なコピーライティングはその商品やサービスの売り上げを何十倍、何百倍と引き上げてくれます。ネットビジネスでいえば魅力的なコピーを使ってタイトルを作ることができれば、サイトのアクセス数は何倍にもなります。アクセス数が増えればさらにSEOの評価は上がり、サイトを経由した売り上げはますます安定していくことでしょう。同じ質のサイトを作ったとしても、コピーライティングスキルの差によって成果が大きく変わってしまうのです。



コピーライティング術を磨く方法

コピーライティング術を学ぶのに最も大切なことは、売れる型を身に着けるということです。誰でも聞いたことがあるような有名なコピーライティングや売り上げを数十倍にもしたコピーライティングをひも解いていくとある一定の型に準じた構造になっていることがわかります。その売れる型さえ身に着けられれば、どんな分野でも売れるコピーライティングが書けるわけです。次の項目ではその売れるコピーライティングの型についてご紹介していきます。



売れるコピーライティングの型

ジャンルを問わず、どこでも使える基本的なコピーライティングの型をご紹介していきます。

感嘆詞をつける

感嘆詞をつけてコピーをキャッチーなものにする技法です。例えば「そうだ京都、行こう」や「あ、あれ食べよ」といったどこかで耳にしたことがあるようなフレーズが該当します。より話し言葉に近いので耳に残りやすく、シンプルにサービスを伝えられるというメリットがあります。

逆説を使う

一つの文章の中で否定と肯定を両方使うような技法です。例えば「事件は会議室で起きているんじゃない、現場で起きているんだ!」という映画で有名になったセリフなどが当てはまります。特徴は文章を前後で2つに分けたときに前の文章で否定を使うことで後ろの文章の説得力を増しているということです。

王道を否定する

一般的に当たり前と思われていることをあえて否定することで、見た人の興味を引くという技法です。例えば「買い物の支払い、まだ現金派?」といった具合にクレジットカードやデビットカードの契約を促すような文言が当てはまります。読んだ人を少し不安にさせたり、反対意見を言いたくなったりするようなキャッチコピーが出来たら素晴らしいです。

感性を褒める

文章を読んだ人の思考や感性を褒めることで、さらなる行動に繋げるようなキャッチコピーです。例えばサイトから商品購入ページに遷移させたいときには「ここまで読んでくれたやる気のあるあなたなら、きっと良さがわかるはず」とか「このメルマガを購読しているセンスの良いあなたに届けたい」などの読み手の自尊心を煽るような文章が当てはまります。

まとめ

売れるコピーライティングの型はもっとたくさんあります。スキルを高めるには、とにかく結果が出ているキャッチコピーをたくさん見ることでその構造を分析することが一番の近道です。ぜひ様々な文章に触れてみてくださいね。

<参考リンク>

・WEBライターでサラリーマンが月3万円稼ぐコツをご紹介!

・WEBライターでサラリーマンが月3万円稼ぐコツをご紹介!

・THE Sideline Interview002:株式会社gojuon CMO 佐藤潤氏(前編)


(Visited 41 times, 1 visits today)
Close