Written by 3:42 PM 知識・スキル

【体験談】ランサーズ初心者の稼ぎ方は?私が実践したおすすめプロフィールの書き方

ランサーズ初心者

家にいながら仕事ができる「ランサーズ」は、会社員の副業や主婦に人気のクラウドソーシングサイトです。

副業を始める人は増加しており、同時に失敗してしまう初心者も増えています。

この記事では、「登録後に何から始めれば良い?」「初心者でもランサーズを使って稼ぐことができる?」といった初心者によくある疑問や流れを解説した内容です。

初心者からフリーランスになった筆者の経験をもとにした体験談も含めて紹介します。

筆者プロフィール

フリーランサー

筆者は副業でランサーズを始め、現在はフリーランスとして生活しているWebライターです。

主に、個人で稼ぐ方法やクラウドソーシングサイトの攻略法まで専門的に執筆しています。

副業時代は月に2万円程度、フリーランスになってからは月20万円以上を安定して稼いでいます。

完全在宅ワークで、自分のペースで働ける仕事環境は、サラリーマン時代とは違いストレスの無い快適な生活です。

まずは、筆者がパソコンスキルなしの未経験から稼げるようになるまでの間、ランサーズを使って何をしてきたのかを体験談として紹介します。

【体験談】ランサーズ初心者の頃にやってきたこと

長く続く道

筆者がランサーズ初心者からフリーランスになるまでにやってきたことを2つに分けて紹介していきましょう。

パソコン未経験からの副業スタート

筆者は、パソコンスキルゼロの完全初心者でしたが、自由なイメージの在宅ワークに憧れがありました。

そんな中、たまたま観たテレビ番組でランサーズが紹介されており、すぐに登録したのです。

 

当初は、パソコンを持っていなかったため、スマホだけで稼げないか試していきました。

しかし、パソコンなしで大きく稼ぐことが難しい現実を知り、パソコンを購入しました。

もし、ランサーズでスマホのみで稼ごうと考えている方は、パソコンの用意をおすすめします。

 

パソコン購入後は、ランサーズの「タスク案件」という低単価の仕事を中心に仕事をやってみました。

タスク案件とは、事前の打ち合わせや契約不要で手軽に取りかかれる仕事の種類です。

 

その結果、1ヶ月間で約500円しか稼げず、タスク案件では大きく稼ぐことが難しいと知りました。

その後は、高単価の仕事を受注しやすいプロジェクト案件に挑戦していきます。

プロジェクト案件で実績の積み上げ

ランサーズのプロジェクト案件は、クライアントと直接契約して一つの案件を納品する仕事方式です。

難しく感じるプロジェクト案件ですが、Webライティング案件の中にはテレビドラマの感想など、比較的簡単な仕事も多く募集されています。

そのため、初心者だった筆者でも1ヶ月に数千円稼ぐことができました。

簡単な案件でスキルと実績を積み重ねたことで、徐々に受注できる仕事量も増えていきました。

 

その後、副業としての週2回の休日だけで月に2万円以上稼げたことで、フリーランスになることを意識し始めました。

これからランサーズを始める方は、副業で2万円以上稼げることを最低基準に設定すると良いかもしれません。

初心者がランサーズに登録してからのさらに具体的な流れは後半で紹介しています。

副業初心者にランサーズがおすすめである理由

パソコン初心者

在宅ワークや副業には、ランサーズ以外にもさまざまな種類があります。

これから副業を始める人に、その中でもランサーズをおすすめしたい理由を3つ紹介します。

理由①:副業OKの案件が多い

ランサーズでは、副業OKの案件が多く募集されています。

そのため、本業が忙しい方や自信がない方でも安心して仕事を開始できるでしょう。

 

また、副業OKの案件では納期までに余裕がある場合も多く、初心者向けのマニュアルが用意されていることもあります。

初心者向けマニュアルを勉強しながら仕事を進めることで、お小遣いを稼ぎながらスキルアップが可能です。

理由②:案件数が多い

ランサーズは、日本でも業界最大手のクラウドソーシングサイトです。

個人だけではなく、登録企業から募集されている案件数も多いです。

初心者向けの低単価案件から、上級者向けの高単価案件まで幅広く検索できるでしょう。

ただし、好条件の人気案件は早い者勝ちになっている場合も多いため、仕事の取り合いになることは理解しておきましょう。

理由③:安心の仮払い機能

ランサーズには、支払いを心配せずに安心して働ける「仮払い機能」があります。

仮払い機能とは、仕事を受注した段階でクライアントから報酬金額を預かるシステムです。

事前に報酬を仮払いしておくため、仕事後にお金が支払われないというトラブルを防げます。

また、初心者には難しい契約書や請求書作成の手間を省略できます。

ランサーズ初心者でも稼げる仕事

パソコンを用いた仕事

ここからは、ランサーズ初心者でもすぐに稼ぎやすい仕事を2つ紹介します。

何から始めるべきかわからない方は、まずはどちらかの仕事から挑戦してみましょう。

仕事①:Webライター

Webライターとは、インターネット上に掲載される記事を執筆・代行する仕事です。

ランサーズでは、「ライティング」というカテゴリ名で募集されています。

執筆内容は、体験談が中心のブログ記事から専門知識が必要な記事まで幅広く、初心者でもご自身の経験をもとにして、書ける記事が見つけられるはずです。

 

ランサーズの仕事の中でもライティング案件は特に募集件数が多く、未経験者向けの仕事もたくさん見つけられます。

初心者でも仕事を受けやすい反面、実績を作るまでは低単価の案件が中心になります。そのため、最初からすぐに大金を稼ぐことはできないと理解しましょう。

すぐに生計を立てるほどの金額を稼げなくても、在宅でスキマ時間に稼ぐことが可能な副業に魅力を感じる方も多いはずです。

特に、子育て中の主婦や休みを利用して働きたいサラリーマンにはメリットが大きいでしょう。

仕事②:データ入力

データ入力とは、文字や数字などのデータを「Word」や「Excel」に打ち込んだり、まとめていく仕事です。

ランサーズでは、「データ入力・作成」カテゴリで募集されています。

膨大なデータや情報を正確に入力する必要があるため、コツコツと単純作業が得意な方に向いている仕事でしょう。

基本的なパソコンスキルがあれば誰でも仕事を探せることがメリットです。

 

一方で、他人と差別化しにくいため低単価の仕事が多いというデメリットがあります。

効率的に仕事をしても時給500円程度が上限でしょう。

初心者がランサーズに登録したあとの流れ

How to

ここからは、ランサーズに登録してからの具体的な流れを解説します。

まず、何から始めれば良いかわからない方は、これから紹介する流れの通りに進めると良いでしょう。

筆者の経験をもとに書いていくため、Webライターとして稼ぐための手順となっています。

流れ①:プロフィールを設定する

ランサーズに登録したあとは、まずプロフィール設定をしましょう。

  • 作業可能な時間帯
  • 経歴
  • スキル
  • 資格
  • 電話番号認証

最低限、上記の情報を入力しておくと良いでしょう。

プロフィール設定の空欄だとクライアントを不安にさせる原因になってしまいます。

後回しにせず、登録後すぐに記入することをおすすめします。同時にご自身のスキルや経歴を見直すきっかけにしてしまいましょう。

流れ②:タスク案件から進める

ランサーズで受注できる仕事の1種類「タスク案件」から仕事を始めましょう。

タスク案件は、打ち合わせなどが不要で簡単に作業できることが魅力の仕事です。

初心者にとっては、パソコンで文章を書くことだけでも時間のかかる仕事です。

 

タスク案件の報酬は低いですが、まずはスムーズに文章を書けるまでは進めることをおすすめします。

最低でも5件程度はタスク案件で報酬をもらい、自信をつけてから次のステップへ進みましょう。

流れ③:実績を増やす

タスク案件で、パソコンでの文章作成に慣れてきたら、次に実績を増やすための仕事を始めていきましょう。

前項の「タスク案件」では、作業をしてもランサーズ内の実績や評価にはつながらないという特徴があります。

ランサーズで稼いでいくには、実績数と評価の蓄積が必須です。

実績数を増やすには、ランサーズ内でクライアントと直接契約する「プロジェクト案件」で成果を作る必要があります。

初心者におすすめは下記の条件でのプロジェクト案件です。

  • 文字単価0.5円以上
  • 初心者、未経験者歓迎
  • ご自身の興味のあるテーマ

このような案件を最低3件以上受注して成果を作りましょう。

3件以上の実績がたまったら次のステップに進んでいきます。

流れ④:高単価案件に応募する

最後に高単価案件に応募していきましょう。

Webライティングの高単価案件とは、文字単価1円以上の案件を指します。

高単価な案件になると、まずテストライティングに合格してから本案件に進むパターンが多くなってきます。

 

初心者のうちは、そもそも契約につながることが10件に1件程度です。

1つの案件に応募して受からなかったからといって悩まずに、次々と応募していきましょう。

ランサーズ初心者によくあるミスと注意点

パソコンのウイルス

最後に、ランサーズ初心者によくあるミスと注意すべき点を2つ紹介します。

無知のまま仕事を引き受けると、一つの失敗が大きな損失になる危険性があります。

注意点①:低評価の増加

ランサーズに登録したばかりの初心者は、仕事の受注方法から納品方法まで、わからないことが多いでしょう。

しかし、わからないことをそのまま放置してしまうと、仕事終了後に低い評価を受ける危険性があります。

 

実績があっても評価が低いことは、仕事を受注しにくくなる主な原因です。

マニュアルを読んだり、ネット検索をしてみるなど、最大限の努力をしてみましょう。

それでもわからなければクライアントに質問して、疑問のまま終わらせないことを心がけましょう。

注意点②:悪質クライアント

ランサーズには、残念ながら悪質なクライアントも存在しています。

Webライターにおける悪質なクライアントの具体例です。

  • 0.1円以下の超低単価
  • 他のビジネスへの勧誘目的
  • 仮払い完了前に納品させる

このような疑いのあるクライアントを見つけた場合、すぐにランサーズの運営へ問い合わせすることをおすすめします。

初心者のやる気を悪質クライアントの食い物にされないためにも、確かな知識を得てステップアップしていきましょう。

まとめ

お小遣い

副業でランサーズを始めて、現在フリーランスとなった筆者の経験をもとに、ランサーズ初心者の稼ぎ方とその流れを解説しました。

「クラウドソーシングや副業の初心者でもランサーズで稼げるのか?」「どのような流れで始めればいいのか?」このような疑問を解決できる内容になったのではないでしょうか。

筆者のようにフリーランスを目指す以外に、副業でお小遣いを稼ぎたいという方にもランサーズはおすすめのクラウドソーシングサイトです。

登録がまだの方は、今すぐランサーズに登録して、個人で稼ぐ体験をしていただきたいです。

(Visited 122 times, 3 visits today)
Close