2021.07.08

コラム

【体験談】クラウドワークスで仕事をやってみた!在宅ワーク1ヶ月後の結果と感想

クラウドワークスをやってみた

新型コロナウイルスの影響で家にいる時間が増え、スキマ時間で在宅ワークを始めようと考えている方は少なくありません。

在宅ワークを始めるにあたってクラウドソーシングの利用を検討する方もいますが、実際に稼げるのか不安ですよね。

この記事では、クラウドワークスを実際に利用した筆者体験談や感想を紹介します。

筆者プロフィール

筆者は北海道を拠点として、全国を転々としながらお仕事をしているフリーライターです。

最初はクラウドワークスを含むクラウドソーシングサイトから仕事をスタートして、ゼロからスキルを身につけました。

ライティングや動画編集、SNS運用などさまざまなお仕事を請け負っており、充実した毎日を過ごしています。

今回は、筆者がお試しでクラウドワークスを使ってみた1ヶ月目について体験談を紹介します。

クラウドワークスは在宅ワークや副業を始めたい人におすすめ

クラウドワークスの感想

クラウドワークスは、在宅ワークや副業を始めたい方におすすめです。

これから副業や在宅ワークを始める人にも優しい環境が揃っており、スキマ時間で稼ぐことができるからです。

また、フリーランスや副業としてより多くの金額を稼ぎたい人でも稼げるシステムが整っています。

クラウドワークスはパソコンを使った仕事をしたい人が知っておきたいクラウドソーシングサイトです。

まずは、クラウドワークスの概要について解説します。

仕事内容

クラウドワークスで受注できる主な仕事は次の通りです。

  • 文字起こし
  • Webサイトの作成
  • ロゴ作成
  • アプリ作成
  • 動画編集
  • Webライティング
  • アンケート回答
  • リサーチ業務

クラウドワークスではパソコンを使ったさまざまな業務が可能です。スキルを持たずゼロから仕事を始めたい方も簡単に始められる業務が揃っています。

業務によってかかる時間や稼げる時間は異なりますが、自分にあった業務を見つけることが可能です。

仕事の流れ

クラウドワークスにおける仕事の一般的な流れは次の通りです。

  1. 仕事に応募する
  2. クライアントからメッセージが来る
  3. 金額や契約内容を確認して、契約する
  4. 業務開始
  5. 納品・検収
  6. 報酬確定

クライアントが報酬として支払うお金は、いったんクラウドワークスが保管します。業務完了のタイミングでクラウドワークスから仕事をした人に報酬が支払われるため、クライアントが納品物を持ち逃げすることはありません。

安心して仕事を進める仕組みが整っているため、クラウドワークスは初めてパソコンを使って仕事をする方にとっても使いやすいサイトです。

【体験談】実際にクラウドワークスをやってみた

クラウドワークスの経験談

ここからは、筆者が実際に体験したクラウドワークスでのお仕事について解説します。

何もスキルがない状態から筆者もクラウドワークスの利用を始め、現在はフリーランスとして独立しています。

これから在宅ワークや副業を始めたい方は、ぜひとも参考にしてみてください。

受注したお仕事

筆者が受注したお仕事はライティングの案件です。内容は、文字単価1円で1,500文字の記事を5本納品するお仕事でした。

初めてのライティングだったため、ゼロからクライアントに教えてもらい、この案件で基礎となるライティング技術を身につけました。

当時サッカーのワールドカップが近かったこともあり、記事内容はサッカー日本代表を1,500文字で表現するものでした。

筆者がサッカー経験者であり日本代表のファンであったことから、記事を執筆する時間はそこまでかかりませんでした。

5本を納品するまでにかかった時間は約2週間で、結果的に得た報酬は約6,000円前後です。

さまざまなフリーランスの方のお話を聞いた限りだと、初めての案件にしては稼げた方かと思います。

1ヶ月間で稼いだ金額

上記で紹介した案件以外にも、2つ案件を受注しました。2つの案件は次のような内容です。

  • アンケート調査をもとにスプレッドシートにデータを入力する作業
  • 500文字程度の短い文章を10個執筆する作業

合計3つの作業を終えて、1ヶ月で稼いだ金額は約9,000円です。

決して多いとは言えない金額ですが、副業や生活の足しにしたいと考えている方にとっては意味のある金額だと言えるでしょう。

クラウドワークスで仕事をやってみた感想

クラウドワークスをやってみた感想

実際にクラウドワークスを使って稼ぎ始めましたが、使っていく中でさまざまな感想を持ちました。

ここからは、筆者がクラウドワークスを実際に使って感じた感想を紹介します。

クラウドワークスの利用を検討している人は参考にしてください。

最初は仕事の受注までに時間がかかってしまう

クラウドワークスのようなクラウドソーシングサイトでは、クライアントが発注している案件に提案することで仕事を獲得できます。しかし、提案の際に提出する提案文のクオリティによっては、なかなか仕事を獲得できません。

序盤はクライアントの目に留まる提案文を作り上げるまでに時間がかかります。クラウドワークスを使い始める方は、まず提案文のクオリティを上げることから始めましょう。

クライアント次第で作業にかかる時間は異なる

クラウドワークスで案件をこなす場合、クライアントとのやり取りが必要です。どんな仕事をすれば良いのか、いつまでに納品すれば良いのかなど、クライアントの指示通りに仕事を進める必要があります。

しかし、レスポンスが遅かったりクラウドソーシングサイトを使い慣れていなかったりなど、クライアントによって作業の進むスピードが異なります。

そのため、自分が考えているように作業が進まないケースも少なくありません。いかにして自分のライフスタイルや作業スピードに適しているクライアントにうまく巡りあうかが重要といえます。

仕事の流れを知りたいならタスクから始めると良い

クラウドワークスにおける仕事の流れを知りたいのであれば、タスク作業から始めましょう。タスク作業とは、簡単に納品ができる比較的小さなお仕事のことを指します。

例えば、アンケートへの回答や短い文章の作成などがタスク作業に多いです。仕事を開始してから10分以内に終わるような内容のものが多く、クラウドワークスの仕組みを理解したい方におすすめの作業です。

クラウドワークスを使い始めたばかりの方は、タスク作業から始めてクラウドソーシングで稼ぐ経験を積んでいきましょう。

仕事を進める上での安心感がある

クラウドワークスを含むクラウドソーシングサイトでは、仕事を進める上で、在宅ワーカーやクライアントの身を守る制度が整っています。例えば、「仮入金システム」と呼ばれる機能がクラウドワークスにはあります。

仮入金システムとは、クライアントが仕事をしたユーザーに支払うお金を一時的にクラウドワークスが預かる仕組みです。この機能によって、ユーザーが仕事をしたのにクライアントがお金を払わないというトラブルを防ぐことができます。

他にも、ユーザーやクライアントを守るシステムが揃っているため、安心して仕事を進めることが可能です。

時間の制限は受けずに仕事を進められる

クラウドワークスを使ったお仕事は、基本的に時間の制限を受けずに進められます。

仕事をクライアントから受けた場合、納期が指定されます。この納期を守ることが最も重要で、逆に納期に間に合うのであればどんなペースで仕事をしても基本的に構いません。例えば、Webライティングの案件を受け、1週間後に3記事を納品して欲しいと依頼された場合、1週間後に3記事を納品できるのであれば、どんなペースで仕事をしても良いのです。

家事やプライベートの大事な用事など仕事以外の時間とバランスを取って、クライアントの要望に応えることができれば、明確な仕事の時間を決める必要はありません。

クラウドワークスはこんな人におすすめ

クラウドワークスの金額

ここまで、筆者のクラウドワークスにおける体験談や感想について解説しました。クラウドワークスを利用するメリットはさまざまあり、在宅ワークや副業をこれから始めたい人の強い味方になってくれるサービスです。

ここからは、クラウドワークスがおすすめの方を紹介していきます。

時間に縛られずに仕事をしたい方

上記でも解説した通り、クラウドワークスでは時間に縛られずに自分のペースで仕事ができます。この記事を読んでいる方の中には、時間制限が長い仕事に勤めており、なかなか自分の時間を確保できない方もいるかと思います。

クラウドワークスを使った仕事は時間の制限をあまり受けないため、自分の都合に合わせて仕事を進めることができます。できるだけ自分の時間を作りながら、仕事をしたい方にクラウドワークスはおすすめです。

育児をしながら収入を得たい方

クラウドワークスのように在宅ワークできるサービスを利用することで、育児と並行して仕事ができます。

育児中は子供から離れることができないため、外出できず家の中で過ごす時間が増えます。ずっと家の中にいると、家事以外のスキマ時間に少しでも仕事をしたいと考えている方も少なくありません。

子育てにかかるお金を稼いでおくためにも、在宅ワークで少しでも稼げる状態にしておくと良いでしょう。

コネが0でも案件を受注したい方

クラウドワークスは、コネがゼロでも仕事を受注できます。クラウドワークスでは、初心者でも提案すれば案件を受注できる可能性があります。

フリーランスや副業のお仕事は、コネを持っていなければなかなか案件を獲得できません。そのため、コネがない方は独立や副業の夢を諦めてしまいがちです。

しかし、クラウドワークスではゼロからクライアントとの関係性を築くため、コネがない方でも仕事が受注できます。案件によってはクライアントがゼロから熱心に教えてくれるため、スキルが定着していない方でも案件をこなすことが可能です。

コネはないが、これから在宅ワークや副業を始めたい人にクラウドワークスはおすすめです。

まとめ

今回は、筆者がクラウドワークスで仕事をやってみた感想や実際に稼いだ経験について解説しました。クラウドワークスは在宅ワークや副業初心者の方でも案件を受注できます。

筆者はパソコンでの仕事が未経験の状態でクラウドワークスを使い始めて、初月で約9,000円を稼ぎました。決して大きな金額ではありませんが、副業として稼ぐには十分な金額です。

また、使っていくうちにクラウドワークスにおける注意点についても理解しました。今回お伝えしたことを参考にして、在宅ワークや副業を考えている方はクラウドワークスを使った業務を始めてみてください。

 

preview

PREV

【体験談】主婦が始められる在宅ワークは?おすすめの仕事と家事と両立するポイント

BACK TO LIST

NEXT

next

【体験談】クラウドワークス初心者におすすめの仕事内容は?注意すべ点は?