WEBライターでサラリーマンが月3万円稼ぐコツをご紹介!

2019.01.15
FacebookTwitterHatenaLine

サラリーマンをやっていても会社がもしも業績悪化したり、リストラを始めたら不安だ。
世間では副業ブームだけれど、どんなことから始めれば副業はできるのかな?
不安になりますよね。
でも、大丈夫です。
誰でも簡単に始められる副業として、WEBライターというお仕事があります。
WEBライターで月に3万円を稼ぐコツを今回は伝授いたします。

給料が少ない、そんなときはクラウドソーシングを活用!

サラリーマンが副業で稼ぎたいと考えた場合には、ランサーズ、クラウドワークスといったクラウドソーシングサイトの活用が便利です。理由としては、無料で登録できる上にライティングの仕事量が豊富だからです。ちょっとしたお小遣い稼ぎに非常に便利ですし、匿名でも仕事をできるためサラリーマンでも副業が会社にバレるという心配が少ないです。

副業ライターがおススメの理由は、サラリーマンでも時間確保できるから

サラリーマンは平日は会社での勤務があり、会社から帰ってからの時間と土日しか副業をできる時間がないということも多いです。
WEBライターはインターネット上の情報を集めて、独自のコンテンツに仕上げる仕事なので取材が必要ありません。ライターというと取材して話をまとめるため、本業でないと無理というイメージがありますが、情報を奇麗に整理するのが仕事なので、会社が休みの日や平日の帰宅後でも仕事を進めることが可能です。

副業で月3万円を超えると、あとは楽になる

WEBライターの副業で月3万円をこえると、あとは楽になります。
理由としては、月3万円を稼げるようになると文章を書くコツがつかめるようになるためです。また、ランサーズなどでは月3万円ほど稼げるようになると、認定ランサーなどライターとして上位20%に入ったという扱いになる可能性があり、上位ランク認定されるようになります。

お金になるジャンルでライティングをしよう。儲けるコツがある

WEBライターで稼げるジャンルは実はある程度、決まっています。
最初から稼げるジャンルで、ライターをすることで、月3万円到達の時間短縮が可能です。脱毛、キャッシング、クレジットカード、エンジニアです。
上記のジャンルは、アフィリエイト報酬が高くライターに支払われるお金も高額となるので、最初から稼げるジャンルに絞ってライターをすることで、経済的な余裕を確保するようにしましょう。

<参考リンク>
40代からの起業は副業から興すべき理由

会社に在職しながら、上場企業で就業規則違反をして副業をしていた人事が教える、副業解禁の真実

副業、未だに許可されない現実と増加の兆しは?

FacebookTwitterHatenaLine

おすすめ記事

無料メールマガジン登録

THE SIDELINEメールマガジンは無料でご登録いただけます。ビジネスに関する最新情報を不定期でお届けしております。