Written by 9:10 PM 知識・スキル

【体験談】クラウドワークスの評判は本当に悪いのか?実際に使ってみてわかった真実

クラウドワークスの評判

副業ブームや新型コロナウイルスでの在宅勤務増加により、「クラウドワークス」や「ランサーズ」などのクラウドソーシングサイトが人気を集めています。

一方で、クラウドワークスに対する悪い評判がSNSで拡散されることもあります。

「クラウドワークスの悪い評判はすべて正しいのか?」「良い評判にはどんな内容があるのか?」

フリーランスとしてクラウドワークスを利用している筆者の目線を交えながら解説していきます。

筆者プロフィール

パソコンとスマホで仕事している

筆者は、会社員として働きながら約3年前から副業でクラウドワークスを利用し、現在はフリーランスとして働いています。

主な仕事内容は、Webライターとしてインターネット上に掲載される記事や文章を執筆しています。

副業で月2万円、フリーランスになってからは20万円以上を稼げるようになりました。

この記事では、クラウドワークスを副業として使う人の目線に加えて、フリーランスとして使う人の2つの視点から評判を解説していきます。

【体験談】クラウドワークスで実際に副業をした感想

5つ星にチェック

ここからは、筆者がクラウドワークスで実際に副業をした感想を紹介していきましょう。

筆者は、パソコンやWebライティングのスキルゼロでクラウドワークスに登録しました。

 

そのため、始めたばかりのころはまったく稼げませんでした。

具体的には、時給百円程度の収入だったと記憶しています。

ただ、その状態で3ヶ月、半年と経過したところで少しずつ稼げる金額が増えていきました。

クラウドワークス内の実績が増えたことと、ライティングスキルを磨いたことが主な理由です。

「クラウドワークスは稼げない」という評判やSNSの発信は、「稼げるまで継続しなかった人の意見なのかもしれない」と気が付きました。

 

クラウドワークスの手数料が高いという評判も多いですが、そのころは筆者自身も20%の手数料は非常に高いと感じていました。

しかし、フリーランスになってクラウドソーシングサイトを通さない契約が増えると、契約書作成から請求書送付まですべてを自分でやる必要があります。

それらの作業をすべてクラウドワークスが仲介してくれるので、実は妥当な手数料設定ではないかと感じています。

 

インターネットには良いものから悪いものまで、ざまざまな評判があります。

まずはご自身で経験してみてから判断するクセを付けるべきではないでしょうか?

クラウドワークスの良い評判

5つ星

ここからは、クラウドワークスに対する良い評判を3つ紹介します。

評判を紹介したうえで、筆者の目線から解説を加えていきます。

良い評判①:請求書作成が不要

クラウドワークスは、仕事の契約から報酬の支払いまで、一連の流れを任せることが可能です。

そのため、契約書・請求書作成や入金確認などの事務作業が不要になります。

面倒な作業や管理がラクになるため、やりたい仕事だけに集中できることがメリットです。

 

筆者も、フリーランスになるまではすべての仕事をクラウドワークスを通して行っていました。

そのため、請求書作成が不要のありがたさをわからずに仕事をしていました。

請求書作成を自分で行うようになった現在では、クラウドワークスの便利さを身に染みて感じています。

良い評判②:完全在宅で稼げる

クラウドワークスで募集されている仕事は、完全在宅で稼げる案件が多いです。

そのため、在宅で稼ぐことにメリットを感じている方からの良い評判が多く見受けられました。

 

筆者も同じく、人に会ったり足で稼ぐことを中心とした営業職をしてきたため、家にいながらお金を稼げることは魔法のような感覚でした。

スマホやインターネットの普及で、今後さらにパソコン1台で働くことが当たり前になる時代が来ると考えられます。

在宅ワーク未経験の方も今から経験しておくことで、社会人としてのスキルアップにつながるのではないでしょうか?

良い評判③:業界最大手で案件数が多い

クラウドワークスは、ランサーズと並んで業界最大手のクラウドソーシングサイトです。

募集される案件数が非常に多く、良い評判として挙げている人が多く見受けられました。

 

一方で、その他のクラウドソーシングサイトでは仕事の募集が少なかったり、なかなか更新されないこともあります。

毎日新しい案件が更新されていくため、仕事選びに困ることはありません。

筆者の行っているWebライターの案件は、もっとも募集数が多く初心者向けの仕事もあるため、クラウドワークスを登録したばかりの人にもおすすめです。

クラウドワークスの悪い評判

一つ星

続いて、インターネット上にあるクラウドワークスの悪い評判を紹介します。

筆者の目線から見た悪い評判の解決方法も書いていきます。

悪い評判①:スキルがないと稼げない

クラウドワークスは、スキルや専門知識がないと稼げないという意見や評判が多く見受けられます。

確かに、プログラミングスキルやパソコンを使いこなす特別なスキルがない場合、クラウドワークスからの収入だけで生活できるほど稼ぐことは困難です。

また、初心者向けの仕事は時給数百円になることも多くなっています。

そのため、経験者からの「稼げない」という評判が増えています。

 

筆者も、クラウドワークスに登録してから約半年間は時給百円程度の仕事をしていました。

当然、稼げていない状態でした。

しかし、初心者なりにできる実績を積み上げながらスキルを身に付けたことで稼げるようになっていきました。

 

筆者は、個人で仕事を受注するクラウドワークスとアルバイトの時給を比較することには、明確な違いがあると考えています。

なぜなら、クラウドワークスはアルバイトとは違い、単価交渉や効率化によって報酬を上げることが可能だからです。

稼げないうちは実績不足とスキル不足、営業力不足のどれかに当てはまります。

短期的な生活費を稼がなければならない初心者には、クラウドワークスの仕事は向いていません。

スキルも実績もなく稼げないうちは、下積みだと思って最低でも半年間は努力してみることをおすすめします。

悪い評判②:手数料が高い

次に、手数料が高いという評判も多くなっています。

クラウドワークスでは、仕事の報酬に対して20%の手数料が引かれます。

この20%は大きな金額ですが、仕事を円滑に進めるための必要な手数料とも言い換えられます。

  • 仕事を集めてくれる
  • 請求書の作成
  • 決済管理

上記は、本来フリーランスがすべてご自身で行わなければならない仕事です。

しかし、クラウドワークスでは手数料を支払う代わりに事務作業と安心を用意してくれています。

この手数料を高いと感じるか安いと感じるかは個人の感覚です。

 

筆者は、これだけのクライアントを集めたプラットフォームを運営するクラウドワークスへの感謝と事務作業の簡略化に価値を感じているため、手数料は安いと思っています。

悪い評判③:クライアントがお金を払わない

クラウドワークスでの仕事後に、クライアントがお金を支払ってくれないという悪い評判もあるようです。

しかし、この評判は仕事を受注する側にも問題があると考えられます。

なぜなら、クラウドワークスでは事前の仮払い機能により報酬は保護されているからです。

 

仮払い機能とは、仕事を始める前にクライアントから報酬を一時的に預かってくれる仕組みです。

先にお金を預かることで、仕事後に未払いになるリスクやトラブルを未然に防いでいます。

そのため、クライアントがお金を払わないという評判は、仮払いが完了する前に納品をしてしまうという受注側のミスであるとも考えられます。

クラウドワークスを利用する際は、最低限の仕組みを理解してから利用しましょう。

クラウドワークスはこんな人におすすめ

手をつなぐ仲間たち

最後に、クラウドワークスをおすすめしたい人の特徴を紹介します。

なぜ、おすすめなのかもお伝えしますので、ぜひ参考にしてください。

おすすめな人①:子育て中の人

子育て中の人にクラウドワークスはおすすめです。

なぜなら、クラウドワークスは在宅で子育てをしながら働ける仕事が多く募集されているからです。

在宅ワークなので、自宅にいながら自分自身のペースに合わせて仕事量を調整できます。

 

筆者も2人の子どもを育てていますが、サラリーマンと比較すると子どもの急な発熱時など仕事への影響が少ないです。

子どもが小さくてなかなか働きに出られない主婦の方や、子どもと一緒に過ごす時間を増やしたい方におすすめです。

おすすめな人②:副業を始めたい人

クラウドワークスは、サラリーマンとして働きながら副業を始めたいと考えている人におすすめのサイトです。

なぜなら、気軽に副業でお金を稼いだり、ご自身の力を試せるからです。

 

クラウドワークスにはさまざまな仕事が募集されており、難易度もご自身に合ったものから選択して応募できます。

いきなり本格的な副業を始めるのではなく、ご自身がどの程度のスキルと市場価値があるのかを試す良い機会になります。

収入アップを目標に副業を始めたい方にもおすすめです。

おすすめな人③:学生

クラウドワークスは、大学生や専門学校生などの学生でも気軽に始められるためおすすめです。

特に、時間のある学生にはおすすめしたい仕事です。

なぜなら、アルバイト以外の場所で個人で稼ぐ経験とスキルを身に付けられるからです。

 

筆者のようなWebライティングだけではなく、プログラミングやデザインなど、学校で学んでいることや得意なことを活かせる仕事をクラウドワークスで探すことをおすすめします。

「自分が得意なことにはいくらの市場価値があるのか?」「スキルは足りているのか?」

このような疑問を実体験を通じて確認できるため、社会人としての成長につながるでしょう。

まとめ

LIKE or Not LIKE

インターネット上にあるクラウドワークスの良い評判と悪い評判を、副業からフリーランスになった筆者の視点から解説してきました。

クラウドワークスを主に利用して収入を稼いでいる筆者としては、副業や在宅ワークをこれから始めたい方にとって登録が必須なクラウドソーシングサイトだと思っています。

 

また、悪い評判として拡散されている情報も、利用方法や考え方によってはメリットに変化させることが可能です。

他人が発信する情報に惑わされず、ご自身の目標やスキルに合わせて使い分けることをおすすめします。

(Visited 79 times, 1 visits today)
Close