Written by 7:19 PM 知識・スキル

【体験談】Webライター初心者が稼げる方法は?私が実践した始めた方

Webライター初心者

副業で人気があるWebライターは、未経験の初心者でも始められる仕事として人気があります。しかし、稼げるWebライターになるには、ちょっとしたコツが必要です。

この記事では、稼げるWebライターの特徴や初心者のWebライターの悩みから、稼ぐためにはどうしたら良いかを解説していきます。筆者も現役のWebライターなので、経験を余すところなくお伝えしていきます!

Webライターとは?

パソコンを使用している女性

Webメディアやブログの記事を執筆する人のことを、「Webライター」と呼びます。とはいってもかなり玉石混合なので、専門知識がないと書けないコラムを執筆するWebライターもいれば、そうでない人もいます。

初心者でもWebライターになれる?

今までライティングを経験したことがない人でも、Webライターにはなれます。実際にWebライターとして活動している筆者から見ても、Webライターになるための敷居は下がっているため、人並みに文章を書ける人なら誰でもなれるでしょう。

「ランサーズ」や「クラウドワークス」といったサイトをご存じでしょうか?ライティングの仕事の募集は特に多いため、初心者や未経験歓迎の仕事もたくさんあります。

ただし、Webライターになることは簡単ですが、「生計を立てられるWebライター」になるのは大変です。これは、専業で頑張りたい方はもちろん、副業でWebライターをやりたい方にもお伝えしたいことです。稼げない仕事をわざわざ頑張るのは、副業でもごめんですよね。

筆者自身はWebライターの仕事だけで1ヶ月30万円を稼いでいます。すごく多いわけではありませんが、ライターとしては成功している方だと思います。そこで、みなさんの参考にしていただくため、経験をお話していきます。

【体験談】Webライターで成功した筆者のエピソード

パソコンでライティングしている女性

これからWebライターにチャレンジする方は、ちゃんと生計を立てられるお金を稼げるか不安だと思います。筆者も初心者から始めて生計を立てられるようになったので、筆者のエピソードをお話することで、みなさんが一歩踏み出すお手伝いができれば嬉しいです。

筆者プロフィール

筆者は独立して生計を立てている女性のWebライターです。フリーランス2年目ですが、月収は30万円ほど稼げています。

会社員の頃から副業でWebライターを始め1年ほど経ったところで退職し、Webライターを本業にしました。どうしてWebライターを選んだのか、お話ししていきますね。

Webライターを始めたきっかけ

新卒で企業に就職したのですが、働き方が合わなくて他の仕事を探していました。職場の人間関係に悩んだり、満員電車での通勤に疲れ切ったりしてしまったのです。

在宅でできそうな仕事はないか探していたときに見つけたのがWebライターでした。筆者はもともと文章を書くのが好きなこともあり、「私にもできそう」と思えたのです。それで会社員として仕事をしながら、副業でWebライターを始めました。

最初は記事執筆の単価が低かったこともあり、Webライターだけでは生活できなかったため、会社勤めは続けていました。ですが、1年ほど頑張ったら会社の給料とWebライターの収入が同じくらいになったので、思い切って「Webライターを本業にしよう」と思ったのです。

筆者も初心者から始めたWebライターですが、今では独立して一人で生きていけるようになっています。初心者で不安を感じている方もきっと大丈夫ですよ!

Webライターとしての実績や経験

「ランサーズ」や「クラウドワークス」に登録するのは簡単ですが、稼げるようになるまでは苦労がありました。というのも、単価が低いお仕事はすぐに採用してもらえるのですが、最低賃金を下回ることもあって長続きしなかったからです。かといって、単価の高い仕事に応募しても、落選することは少なくありませんでした。

Webライターの単価は、「1文字〇円」と決めることが多いです。1時間で1,000文字書ける人の場合、1文字0.1円の仕事なら時給100円、1文字3円の仕事なら時給3,000円です。どう考えても、後者の高単価の案件の方が魅力的ですよね。

しかし、高単価の仕事には応募が殺到するため、初心者で実績がなく、かつ自分が思っているより文章が上手でなかったことなどから(残念……)、高単価の仕事には落選しまくりました。

改善したのは、

  • 自分の専門分野を絞ること
  • 応募するときの文章を見直すこと

の2点です。これらについてはアドバイスの形で後ほど詳しく解説しますが、これらを気を付けてからは最低賃金を下回ることはなくなりました。単価も徐々に上がっていったので、正しい戦略だったと言えるでしょう。

結果として、今のお仕事は1文字1円から5円の単価で請け負うことができています。これくらいの単価であれば、Webライターの収入だけで月収30万円を達成できますよ。

初心者でもWebライターが稼ぐ手順

ライティングの仕事をしている机の上

アドバイスの前に、クラウドソーシングでWebライターが稼ぐ手順を解説しておきます。この手順をお伝えしないと、アドバイスの内容がピンと来ないと思われるからです。

ステップ①:クラウドソーシングに登録する

これからWebライターになる初心者の方は、まずはクラウドソーシングのサイトに登録しましょう。色々なサイトがありますが、まずは業界二大大手の「ランサーズ」と「クラウドワークス」の2つに登録すると良いでしょう。

筆者はランサーズをメインで使っているので、ここからはランサーズの場合を例に解説していきます。他のサイトでも概ね同様です。

ステップ②:クラウドソーシングで応募する

ランサーズなどのクラウドソーシングサイトには、企業などからの記事執筆の依頼がたくさん掲載されています。どんなジャンルの記事で、単価はいくらなのか、納期(締め切り)はいつなのかなども書いてあるので、自分にできそうな仕事に応募してみましょう。

複数の応募があった場合、企業はどの人を採用しようか検討することになります。そのときに参考になるのが「提案文」なので、サボらないでしっかりと書きましょう。提案文を書くときのコツは後述します。

ステップ③:仕事を受注する

応募した仕事に採用されたら、仕事を受注することができます。企業とメッセージのやり取りをして細かく打合せを行い、ニーズに合った記事を執筆しましょう。企業側から執筆マニュアルを渡される場合は、内容に沿った記事を書いていきます。

難しそうなことを言っているように感じられるかもしれませんが、そんなことはありません。基本的にはオンラインのメッセージ上でコミュニケーションが取れるので、副業でWebライターをやりたい初心者の方でも大丈夫です。

ステップ④:記事を執筆し、納品する

記事ができたら、クライアントの企業に提出(納品)します。クライアントが確認してくれるまでに数日かかることが一般的であるため、その間は他のお仕事をやったり、次の仕事の提案をしましょう。

ステップ⑤:必要に応じて修正する

クライアントから修正の要望があれば、可能な範囲で対応します。マニュアルと違うところなどの指摘があれば、直してきちんと対応しましょう。

ただし、一部の悪質なクライアントの場合、膨大な量の追記を求められるなど、当初の約束とは異なる要望を言われることがあります。「おかしいかも」と感じたら従うのではなく、先方に問い合わせたり、クラウドソーシングのサポートに連絡したりしましょう。

ステップ⑥:報酬が支払われる

クライアントの確認が終わって仕事が完了したら、報酬が支払われます。クラウドソーシングを利用している人は、そのサイトが取りまとめて支払ってくれます。

クライアントが「またこの人に依頼したい!」と思ってくれた場合、続けて記事執筆の依頼があるかもしれません。筆者自身も1年以上も続けて依頼してくださるクライアントがほとんどで、今ではあまり自分から営業しないでも良い状態になっています。クライアントとのコミュニケーションは、1回限りだと思うのではなく、何年もお世話になるかもしれないと思って連絡すると良いでしょう。

Webライター初心者が直面する壁

頭を悩ませている女性

Webライターで稼ぐ手順をおさらいしたところで、初心者が直面する壁についてお伝えしていきましょう。筆者もぶち当たってきた壁なので、どうやって解決してきたかも解説していきます。アドバイスと思って受け止めていただけると嬉しいです。

最低時給を下回ってしまう

Webライター初心者の頃は、一生懸命に仕事をしても最低賃金を下回ることがよくあります。5時間もパソコンやスマホと向かい合って記事を書いたのに、たったの1,000円しか稼げなかったら、嫌になってしまいますよね!

これを解決するには、次の2つの方法があります。

  • 専門分野を絞る
  • 書くスピードを上げる

まず、専門分野を絞ることについてです。これは、自分が書きやすいジャンルを見つけるということです。書きやすいジャンルだとスラスラ書けるので、時給アップにつながるのです。逆に、苦手なジャンルの仕事を受注すると時間がかかるので、時給が下がってしまいます。

筆者の場合、金融機関に勤めていたため「投資」や「年金」などのマネーの記事を受注しています。よく知っている分野なので、スラスラ書けるからです。

一方、「コスメ」や「ダイエット」など美容関係の記事は無理でした!時間だけがかかってしまい、3時間かけて2,000円分の仕事しかできなかったことがあります。

 

次に、書くスピードを上げることについてです。早く書けた方が時給が上がるので、品質は落とさず、早く書けるようになりましょう。

タイピングの速度は記事を執筆すればするほど速くなっていくので、スピードは慣れである程度解決できます。他には、文章を喋ることで文字を入力する「音声入力」もおすすめです。音声入力を使うと、タイピングよりも早く入力できますよ。

仕事に応募しても落選する

クラウドソーシングを使うWebライターは、企業が募集する仕事に応募して、採用されると仕事がスタートします。しかし、なかなか採用されなくて仕事をゲットできないのも、Webライター初心者のあるあるの悩みです。

筆者も初心者の頃は採用されるのに苦労したのですが、提案するときの文章を改善していくことで、採用されやすくなりました。これまでに執筆した記事のURLや執筆できるジャンルなど、相手にとって必要だと思われる情報を最初に書くことがポイントです。

これまでに執筆したことがないジャンルで応募する場合は、自分が請け負うべき理由をしっかりアピールします。例えば、「体験や経験があって詳しい記事を書ける」といった理由のことです。

一つでも仕事を受注できれば、その実績をもとに仕事をゲットしやすくなります。慣れによって上手くなるものでもあるので、初心者の頃はどんどん提案して、提案の質を上げていきましょう。

やりたい仕事がない

クラウドソーシング上の仕事を吟味しすぎると、やりたい仕事が見つからない状態になってしまうことがあります。筆者もWebライター初心者の頃はこのような状態になったことがありますが、仕事内容や単価への理想が高すぎると、請け負える仕事がなくなってしまうのです。

自分の専門分野が活かせて、仕事内容が簡単で、かつ単価が高くて……といったように理想を求めると、仕事は見つかりません。どうしても譲れないポイントを絞って仕事を探し、その他の条件はあまりに劣悪な場合を除いて妥協するという考え方で仕事を探すことをおすすめします。

筆者の場合、専門分野である投資や金融のジャンルなら、単価はあまり気にせずに仕事を受けていました。法外に単価が低い案件は応募しませんでしたが、自分の専門分野で早く執筆できるようになってくると、単価と関係なく月収が上がってくるからです。

「クラウドソーシング上で理想の仕事が見つからない」と悩んでいるWebライター初心者の方は、自分が絶対に譲れないポイントと、妥協できるポイントを考えてみましょう。とにかく仕事を頑張って経験を積めば、そのうち理想の仕事に巡り合えるかもしれないですし、初心者のうちはまずは数をこなすことを優先した方が良いと思います。

稼げるWebライターの特徴

ガッツポーズしている女性

先ほどは、Webライター初心者が直面しやすい壁について解説しました。今度は、稼げるWebライターの特徴を紹介していきます。今すぐにこのような人になれなくても良いので、頭のどこかに置いて目標にしてみてください。

高単価の仕事を受注している

当たり前ですが、稼げるWebライターは単価が高い仕事を受注しています。最低でも1文字1円ほどの仕事を受注できるようになれば、独立して生計を立てられると思います。副業の方も限られた時間で効率良く稼ぎたいと思うので、1文字1円は目指したいところです。

しかし、クラウドソーシング上の仕事は、1文字0.1円から0.5円程度が多くなっています。これからWebライターを始める方は、「一体どこに1文字1円以上の仕事があるんだ?」と思ってしまいますよね。

基本的にはこういったお仕事を受注して稼ぎながら経験を積むことが、高単価の仕事を受注するための第一歩です。1文字1円の仕事の募集がクラウドソーシングに掲載されたとき、今までの実績がある人の方が選ばれやすいからです。

また、普段から発注してくれるクライアントからより条件の良い仕事を提案されることもあります。自分から営業しなくても良い条件で依頼されることもあるので、今は物足りない単価の案件も引き受けスキルアップしていきましょう。

Win-Winな提案ができる

クライアントに言われた仕事を言われたままやっていると、効率が悪くて余計な時間がかかり、Webライターが損をするケースがよくあります。しかし、「私が損をするので、こう変えてください」とは言うのはやめた方が良いです。クライアントの手間が増えて、クライアントが損をする可能性があるからです。

筆者が意識しているのは、品質が上がってクライアントを喜ばせることができ、かつ自分の仕事も楽になるWin-Winな提案です。例えば、エクセルに文章を入力して納品する場合、文字数の集計に外部の文字カウントサービスを使うのではなく、関数を作って自動で集計できるようにすることです。数分の作業が一瞬に縮まったので、クライアントもWebライターも得をする提案ができました(とても簡単なので、自慢するほどのことではないですが)。

このように、自分にとっても相手にとっても良い提案ができると、作業の効率が上がって時給が上がります。稼いでいるWebライターは、みなさんやっている印象です。

返信が早い

クライアントからの連絡にはできるだけ早く返信することも、稼げるWebライターが意識してやっていることです。早く返信すれば相手の仕事がスムーズに進むので、感謝されることが多いのです。結果として信頼してもらえるので、継続して依頼してもらったり、単価の高い仕事を依頼してもらったりすることにつながります。

土日祝日や深夜でも返信しなければならないとまでは思いませんが、平日であれば24時間以内に返信できるのがベターです。日中は本業が忙しい方も、仕事が終わったタイミングなどで1日1回はクラウドソーシングサイトにログインして、メッセージが来ていないか確かめましょう。

Webライターとして稼ぐために重要なポイント

コーヒーを飲みながら仕事している人

最後に、Webライターとして稼げるようになるために、重要なポイントを4つ解説していきます。稼げるWebライターには基本中の基本ですが、そうでないWebライターには身についていないことが多いです。初心者の方はこれから身につければ良いので、次のポイントを参考にしてください。

ポイント①:自分の専門分野で受注する

すで解説したように、自分がよくわかっているジャンルの記事を受注することがおすすめです。初心者でライティングに慣れていない人なら、なおさら自分の専門分野の記事を受注しましょう。

自分がよく分かっている分野だと調べる時間が少なくて済みますし、執筆するときも迷いが少なく執筆にかかる時間も少ないからです。美容やダイエット、旅行、ショッピング、ポイ活など何でも良いので、自分が得意な専門分野を見つけて仕事を請け負いましょう。

ポイント②:PREP法で執筆する

記事の構成はPREP法を意識すると、クライアントの満足度が高まります。PREP法とは、文章を次の順で書く構成のことです。

  • Point :要点
  • Reason :理由
  • Example:具体例
  • Point :要点

例として、次の文章をPREP法で書いてみました。

  • P(要点):稼げるWebライターになるには、自分の得意なジャンルの記事を受注するのがポイントです。
  • R(理由):時間をかけずに執筆することができるからです。
  • E(具体例):筆者は金融機関に勤めていたので、投資や金融の記事は早く書くことができました。しかし、美容の記事は時間がかかりすぎてしまったのです。
  • P(要点):よって、稼げるWebライターになるには、自分が得意なジャンルの記事を請け負うことが大切なのです。

最初と最後のPの内容は同じで構いません。このように執筆すると、要点がわかりやすくなります。

Webライターをしていると、クライアントの方から「必ずPREP法で書いてください」と言われることもあるので、身についていないライターさんが多いのだろうなと感じます。

逆に、PREP法を身につけて執筆すれば初心者を抜け出した文章が書けることでしょう。ライバルに差をつけるためにも、PREP法を意識して執筆しましょう。

ポイント③:WordPressの基礎知識を身につける

企業からの依頼で、「WordPressの知識必須」のような項目が応募条件として設けられていることが多いです。WordPressはブログエディタのようなもので記事を投稿する際に用いられることが多いです。基本的な操作はとても簡単なので、身につけてしまいましょう。

Webライターに求められるWordPressのスキルは、文章を入力して見出しを設定したり、画像を挿入したりするくらいのテクニックです。特に難しいことは求められていないので、誰にでも身につけられます。

ポイント④:クライアントからの連絡には早く返信する

先ほどもお伝えしたように、クライアントからの連絡には24時間以内に返信することを心がけましょう。相手からの信用を獲得することで、より多くの仕事を任せてもらえるなどのメリットが出てくるからです。

いくら記事の内容が良くても、返信が遅い人や返信しない人には、企業も仕事を振らなくなってしまいます。良い記事を納品するのはもちろんですが、コミュニケーションで信頼関係を築くことも重要なので、早めの返信を心掛けましょう。

まとめ

Webライター初心者がどうしたら稼げるようになるのかを解説してきました。副業の人も専業の人も、短い時間でたくさん稼げる高単価の案件が欲しいのは同じだと思います。しかし、初心者のうちから単価の高い案件をゲットすることは難しいので、少しずつ実績を積んでいきましょう。

筆者は副業でWebライターを初めて3ヶ月ほど経ってから、1文字1円以上の仕事を受注できるようになりました。稼げるようになるまでの間なので、「ちょっと単価が低いな……」と思っても、チャレンジしてみてはいかがでしょうか?

なお、今回登場した「ランサーズ」と「クラウドワークス」に関しては、こちらで詳しく解説されていますよ。

(Visited 44 times, 1 visits today)
Close