Written by 2:10 PM コラム

【体験談】在宅ライターは未経験・副業・大学生も稼げる?時給5000円に上り詰めた方法

在宅での仕事を探している人におすすめなのが、ウェブサイトの記事を書くライターのお仕事です。

自宅で記事を作れば良いので、在宅でも稼ぐことができます。筆者の場合は、時給5,000円程度で仕事をしています。

この記事では、在宅ライターの収入やメリット・デメリット、どうやって在宅ライターの仕事を始めたら良いのかについて解説していきます。

筆者プロフィール

月収30万円を稼ぐフリーランスのライター。

基本的には在宅でライターの仕事をしており、この記事では在宅ライターの収入やメリット・デメリットなどを中心に解説していきます。

在宅ライターとはどんな仕事?

在宅ライター

在宅ライターとは、自宅でクライアントから依頼された記事を執筆する仕事です。

記事は、主にWebメディアやブログなどのウェブサイトに掲載されます。

在宅で仕事ができるため、主婦・主夫、大学生、副業したい方などにおすすめです。

スキマ時間に仕事ができるので簡単というイメージを持たれやすい在宅ライターですが、実際の報酬や働きやすさ、必要な機材などはどうなっているのでしょうか?

ライターの仕事をしている筆者が実態を解説していきます。

報酬

ライターの報酬は、クライアントの指示に沿った記事を執筆し、納品を完了することで発生します(納品後、修正がある場合もあります)。

1記事あたりの報酬は、文字単価と文字数で決まります。

文字単価とは、1文字あたり何円で執筆するかを指します。

文字数は、1記事あたりの文字数です。したがって、1記事の執筆でライターが得られる報酬は以下の式で計算できます。

  • 1記事あたりの報酬=(文字単価)×(1記事の文字数)

文字単価1円、1記事の文字数が5000文字であれば、1記事の執筆で5,000円の報酬を得られます。

ライター初心者の場合、文字単価は0.2円~0.5円程度でのスタートとなることが一般的です。

1時間に2,000文字書いても時給1,000円行くか行かないかなので、初心者のうちはお小遣い稼ぎのようなイメージです。

文字単価が1円ほどになると、時給2,000円以上稼ぐことも十分に可能です。

在宅ライターで稼ぎたいなら、高い品質が求められる高単価な案件を獲得していく必要があります。

働きやすさ

在宅で働くことができるため、働きやすさは他の職業と比べて抜群に良いです。

会社員やアルバイトだと職場の人間関係でストレスが溜まることがありますが、在宅ライターなら自分と家族しか周りにいないため、人間関係で悩むことはありません。

また、クライアントと約束した納期に間に合う範囲なら、自分が好きなときに作業ができるのも在宅ライターの利点です。

スキマ時間にライターの仕事をすれば良いので、本業の仕事や家事、学業を優先したい方も取り組みやすいです。

必要なもの

在宅でライターの仕事をするために必要なのは、パソコンまたはスマホです。

また、これらの端末を使って記事を書き、ウェブ上で納品するため、自宅でインターネットが使えるようにしておく必要もあります。

基本的には、プリンターなど他の機材は必要ありません。少し前までは請求書をプリントアウトして郵送するように求めるクライアントもいましたが、コロナ禍の少し前から私がお世話になっているクライアントは全員PDFでの送付に移行しました。

在宅ライターのメリット

メリット

在宅ライターには、未経験でも稼ぐことができ、実力と収入が比例するというメリットがあります。

詳しく解説していきましょう。

未経験でも稼げる

ライターの仕事は、未経験でも稼ぐことができます。

筆者も会社員の頃に副業をしたいと思い、未経験の状態で在宅でのライターを始めて稼いでいました。

最初は低単価な案件しか受注できないため、報酬は少額です。

しかし、未経験でも頑張った分はきちんと報酬がもらえるため、「ライターなんて難しそう」と思っている方にもチャレンジしてみてもらいたいです。

実力が収入に直結する

ライターの仕事は、実力と収入が概ね比例します。

高品質な記事を書けるライターは文字単価が高い案件を受注できるようになるため、自然と収入が上がっていくのです。

実際、筆者は現在、時給5000円くらいのペースで稼ぐことができています。

実社会だと時給や月給が固定されており、頑張った人もサボっていた人も同じ給料、ということがよくあります。

ライターは頑張れば頑張るほど収入が上がるため、努力が報われる利点があります。

在宅ライターのデメリット

デメリット

反対に、在宅ライターのデメリットについても解説していきます。

最初は低単価である点と、甘えが通用しない点について説明していきましょう。

最初は低単価からスタート

未経験から始めたライターだと、最初は文字単価が低い状態からのスタートとなります。

筆者も最初は文字単価0.5円から始めましたし、今よりも執筆スピードが遅かったため、時給は500円程度でした。

最初から大きく稼ぐことは難しいですが、メリットでも解説したように努力が報われる仕事なので、続けていれば時給や月収は上がっていきます。

筆者の現在の時給は5,000円ほどで、サラリーマンやアルバイトをするよりも効率良く稼げているので、未経験から始める方は最初だけ踏ん張って続けてもらえればと思います。

甘えが通用しない

在宅ライターには甘えが通用しないデメリットがあります。

会社員やアルバイトと違い、仲間の同僚に手伝ってもらうことができないのです。

実際に筆者が経験したことなのですが、病気で体調を壊してしまった場合でも、クライアントと約束した納期は絶対に守らなければなりません。

クライアントとは仕事の関係であってお友達ではないですし、先方からしたら「体調管理も含めて仕事」だと思うでしょう。

自分にとっては仕方がない理由だったとしても、納期を破ってしまったら「二度と発注しない」と言われても仕方ありません。

会社員やアルバイトで仲間がいれば、体調不良などがあったときに助けてもらうことができます。

在宅ライターは一人で仕事をしており、他の人に助けてもらえないことがデメリットの一つとなります。

在宅ライターの始め方

膝の上でパソコンを使用する女性

在宅でライターの仕事ができると言っても、コネやツテがない方はどうしたら仕事を受注できるかもわからない状態ですよね。

ここでは、未経験でもライターの仕事を受注して稼ぐ方法について解説していきます。

クラウドソーシングに登録する

ライターの仕事をするには「クラウドソーシング」に登録しましょう。

クラウドソーシングとは、仕事を発注したい人と受注したい人をインターネット上で結びつけるサービスです。

在宅でできるライターの仕事も多数募集されています。

クラウドソーシングのサイトも多数ありますが、おすすめなのは「クラウドワークス」と「ランサーズ」です。

この2つはクラウドソーシングの国内最大手で登録者数も多いので、募集される仕事の数が本当に膨大です。

大量の仕事が募集されており、未経験のライターでもできる仕事がたんさんあります。

美容、ガジェット、娯楽など、記事のジャンルも多岐にわたるため、できる仕事が見つかるはずです。

タスクで実績を積む

クラウドワークスやランサーズでできるライターの仕事は、主に「タスク」と「プロジェクト」に分かれます。

未経験から始めるライターの方は、まずは「タスク」をやって実績を積みましょう。

タスクは、早い者順でどんどん記事の執筆をしていき、クライアントから承認されれば報酬が振り込まれる仕組みの仕事です。

タスクは低単価ですがあまり高い品質を求められないことが多く、未経験の在宅ライターさんも大勢活躍しています。

実績を積むのにはぴったりな仕事です。

プロジェクトで高単価の案件に取り組む

タスクでの実績が溜まってきたら、より高単価な仕事を受注するため、プロジェクトに応募しましょう。

プロジェクトは、発注者がどのような記事を制作して欲しいのか明確にして募集をかけ、受注したいライターが応募し、採用されると仕事を始めることができる仕組みです。

定員を超えるライターの応募があれば、実力や実績がある人の方が選ばれやすくなります。

発注者が実力のあるライターに依頼できるため、プロジェクトはタスクよりも高単価な案件が豊富にあります。

タスクで実績を積んだら、プロジェクトにも応募してみましょう。

タスクよりも高単価な案件を受注し、在宅ライターの仕事で稼げるようになりましょう。

在宅ライターに関してよくある疑問

クエスチョンマーク

在宅ライターに関して、未経験、主婦・主夫、大学生でもできるのかよく聞かれるのですが、もちろんできます。

その理由について詳しく解説していきます。

未経験でもできる?

在宅ライターは未経験でも始められます。

最初は単価が低いことは仕方ありませんが、続けていれば高品質な記事を書けるようになり、時給や収入もアップします。

高品質な記事を書くためには、「PREP法」や「SEO対策」を学ぶことをおすすめします。

PREP法は論理的な文章を書くための型で、身につけていると伝わりやすいを素早く書くことができます。

SEO対策は、GoogleやYahoo!などで検索したときに上位に表示されるための対策です。

ライターにもSEO対策が求められるため、基礎的な部分は勉強しておくと良いでしょう。

主婦・主夫でもできる?

在宅ライターは主婦や主夫にもできます。

むしろ、子育てや家事のためパートやアルバイトに出にくい方に、在宅ライターは非常におすすめです。

ライターの仕事は約束した納期に間に合うように記事を作成することなので、自分の都合が良いスキマ時間に取り組むことができます。

子育てや家事をしていると空き時間が細切れになってしまいがちで、パートやアルバイトはやりにくいですが、在宅ライターなら自分の都合で取り組めます。

大学生でもできる?

大学生にも在宅ライターはおすすめです。

取っている授業の間隔が空いており、特に何もすることがない時間にライターの仕事をすれば、時間を有効に使って稼ぐことができるからです。

ライターの仕事は在宅だけでなく、パソコンやスマホを持っていれば外出先でもできます。

大学生の方は、空き時間に食堂やラウンジなどでライターの仕事をすることも可能です。

まとめ

在宅でのライターの仕事は未経験でも始めることができ、スキマ時間を有効に使うことができます。

最初は低単価な仕事が多いですが、努力が報われる仕事なので、続ければ時給や月収は上がっていくのも在宅ライターの利点です。

クラウドワークスやランサーズといったクラウドソーシングに登録し、在宅でライターの仕事を始めましょう。

(Visited 172 times, 1 visits today)
Close