Written by 11:16 AM 知識・スキル

【体験談】クラウドソーシングの副業は会社にバレる?バレない方法&稼ぎ方のコツ

クラウドソーシングの副業

クラウドソーシングは、家にいながら仕事をして稼げるサイトです。

「勤め先の会社に副業がバレないか心配」「クラウドソーシングって本当に稼げるの?」

副業を始める人の中にはそんな不安や疑問をお持ちの方もいるでしょう。

この記事では、クラウドソーシングでの副業を会社にバレずに始める方法と稼ぐための方法を紹介します。

筆者プロフィール

パソコンで仕事している女性

筆者は、主にクラウドソーシングサイトを利用して仕事を受注しているフリーランスのWebライターです。

会社員として働きながら副業でクラウドソーシングサイトに登録し、2年間の下積みを積んだ後、会社を辞めて独立しました。

この記事では、サラリーマンが副業でクラウドソーシングを利用するときに、バレない方法と稼ぐ方法までを筆者の体験談をもとにしながら紹介していきます。

【体験談】副業禁止でもバレずにクラウドソーシングで稼げた理由

副業で稼いだお金

まずは、筆者が副業禁止の会社に勤めながらクラウドソーシングを利用して稼げた理由を紹介していきましょう。

副業で月2万円稼げた!

筆者は、土日の週2回の休みを利用してクラウドソーシング副業で月2万円を稼いでいました。

1日5時間〜6時間働いていたので、月に40時間の副業です。

 

主な仕事内容は「Webライティング」という文章を書く仕事です。

文章のテーマに合わせて、自分の知識で足りない部分はネット検索をして調べながら書いていきました。

仕事でパソコンを使ったことのなかった筆者が、自宅にいながら月2万円を稼げるようになったクラウドソーシングは素晴らしい仕事だと今でも思っています。

匿名で副業を始められる

副業で月2万円以上を稼いでいましたが、実は筆者の勤めていた会社の就業規約には副業禁止と書かれていました。

それでも副業を始められた理由は、クラウドソーシングは匿名でも始められる仕事だったからです。

 

一般的なクラウドソーシングでは登録時に氏名や電話番号などを入力しますが、その情報がすべて公開されるわけではありません。

ニックネームやユーザーIDのみを利用し、そのまま仕事を受注できます。

そのため、勤め先や上司にネットで氏名や電話番号などを検索されてもバレることはありませんでした。

バレないための対策は後からでも間に合う

クラウドソーシングは、匿名で始められるためすぐにバレる可能性が低いとお伝えしました。

バレないと安心して副業を続けていた筆者ですが、稼いでから会社にバレるもう一つのポイントを知ってしまいました。

それが「確定申告」です。

 

副業からの収入だとしても一定以上の収入からは確定申告が必要となります。

その確定申告のやり方によっては、住民税の支払い金額が勤め先に通知され、会社にバレる可能性があったのです。

 

しかし、確定申告や納税の仕組みを調べたことで、この問題もクリアできました。

詳しい内容は後述しますが、筆者の考えとしては対策は稼いでからでも間に合うということです。

バレるかバレないかを心配して一歩を踏み出せない人も多いですが、対策は後からでも間に合います。

まずは挑戦する勇気が必要だと感じます。

クラウドソーシングの副業がバレる原因

驚いている女性

クラウドソーシングの副業がバレる原因は主に2つあります。

筆者の経験をもとに、その理由を解説していきます。

住民税でバレる

クラウドソーシングの副業がバレる原因は「住民税」です。

本業以外で稼いだ収入は、個人で確定申告をして税金を納めます。

確定申告をした副業収入が多くなればなるほど、住民税の支払い金額が増加します。

 

その金額の通知が会社に届くことで、「本業以外の収入があるのでは?」と疑われる原因となります。

ただし、この原因をクリアする対策はバレないための方法で紹介します。

社内の噂でバレる

住民税以外の理由で、会社に副業がバレる原因は社内の同僚や上司からの噂話からバレることです。

匿名でも働けるクラウドソーシングは、誰にも話さなければバレる可能性は極めて低いでしょう。

 

しかし、自分から仲の良い同僚や上司に話してしまうことで、副業について追求されてしまう危険性があります。

同僚だけではなく、関わりのある家族や共通の友人からバレる可能性も考えておかなくてはなりません。

勤め先が副業禁止かどうかを確認しよう

副業と本業

副業が会社にバレる原因はわかっていただけたと思いますが、まずは実際に現在の勤め先が副業禁止なのかどうかを確認しましょう。

確認方法と禁止でも働きたい場合の方法を紹介します。

就業規約を確認

まずは、勤め先の就業規約に副業禁止と記載されているかどうかを確認しましょう。

就業規約は、従業員が10名以上いる会社に作成を義務付けられている書類です。

その多くが、パソコンの共有フォルダや事務所内に保管されています。

 

閲覧しにくい環境だとしても、副業を始めるためには必須の情報です。

見つからない場合は、総務や人事担当に確認しましょう。

副業禁止でもクラウドソーシングで働きたい場合

就業規約に副業禁止となっているけれど、クライドソーシングで働きたい場合どうすれば良いのかを考えていきましょう。

副業禁止の勤め先で、副業をしていることがバレた場合、会社での立場が悪くなったり、何らかの処分を受ける可能性が高いです。

 

それでも、副業をしたいと思うなら始めるべきでしょう。

なぜなら、終身雇用が約束されていない現代では、会社はあなたを守ってはくれないからです。

だからといって、本業の業務に支障をきたすようでは意味がないので注意してください。

クラウドソーシングの副業がバレないための方法

怒っている上司

クラウドソーシングの副業がバレないための具体的な方法を3つ紹介します。

副業禁止の会社に勤めている方は最低限、以下の方法を守って始めましょう。

同僚や上司に話さない

会社に副業がバレないための最大の対策は、同僚や上司に話さないことです。

匿名で仕事を始められるクラウドソーシングならば、本名で検索されてもバレることはありません。

ご自身や家族が副業の事実を会社の人に話さないことが重要です。

信頼している同僚には新しい挑戦を話したくなるものですが、会社にバレるリスクを考えると秘密にしておくべきでしょう。

副業収入を年間20万円以内に抑える

続いて、副業収入を年間20万円以内に抑えることがバレないために有効な対策です。

なぜなら、原則として年間20万円以内の副業収入には確定申告の必要がないからです。

確定申告による会社への通知でバレる危険性はこの方法でなくせるでしょう。

ただし、確定申告は不要でも住民税を納付する義務はあるため注意してください。

確定申告で住民税を普通徴収にする

確定申告時に、住民税の納税方法を「特別徴収」ではなく「普通徴収」にしましょう。

特別徴収ではなく、普通徴収にすることで勤め先の会社に副業していることがバレることはありません。

クラウドソーシングの副業で稼ぐ方法

パソコンで副業している女性

アルバイトではなく、クラウドソーシングで稼ぐためにはコツが必要です。

ここでは、クラウドソーシングの副業で稼ぐための方法を3つ紹介します。

方法①:下積み期間で諦めない

スキルなしでクラウドソーシングの副業を始める場合、誰しも必ず下積み期間が必要です。

スキルがない場合は、クラウドソーシング内の実績数と評価数を積み重ねなければ高単価の仕事を受注できないからです。

そのため、始めたばかりのころは働く時間に見合わない報酬しか稼げない場合があります。

コツコツ実績とスキルを積み重ねることを意識しましょう。

方法②:納期を守る

クラウドソーシングの副業で稼ぐには納期を守ることを最優先に仕事をすることが稼ぐことにもつながります。

インターネット上で取引をする仕事なので、納期やマナーを守れない人が多くなっています。

そのため、当たり前のマナーを守って取引するだけで信頼を得られるでしょう。

方法③:継続クライアントを増やす

クラウドソーシングでの実績と評価が増えたら、継続して発注してくれるクライアントを増やすことも稼ぐ方法の一つです。

クラウドソーシングでは、仕事探しや応募をしてから働き始めるまでに長い時間がかかることが多くなっています。

そのため、継続して依頼してくれるクライアントを増やすことが稼ぐことにつながります。

単発の仕事ではなく、継続発注を前提とした仕事に応募することを意識してみましょう。

副業におすすめのクラウドソーシングサイト

パソコンでプログラミングしている男性

最後に副業として始めるのにおすすめなクラウドソーシングサイトを3つ紹介します。

ランサーズ

ランサーズは、クラウドソーシングサイトとして業界も最大手の企業です。

大手企業なので、システムの利用者数や案件数が多く、初心者でも安定して仕事を見つけられます。

 

特に大きなメリットは、報酬の仮払いシステムです。

この仮払いによって、仕事の終了後にお金が支払われないリスクを抑えられます。

クラウドソーシングを利用する大半の人がランサーズを利用しています。

最初に登録するクラウドソーシングサイトに迷ったらランサーズからのスタートで間違いありません。

クラウドワークス

クラウドワークスは、ランサーズと並んで国内最大手のクラウドソーシングサイトです。

インターネット上で仕事を発注して受注するまでのシステムがすべて不自由なく利用できます。

クラウドソーシングの副業初心者には、ランサーズと並行しての利用をおすすめします。

ただし、実績や評価が分散してしまうというデメリットもあるため、メインにするクラウドソーシングは定めた方が良いかもしれません。

サグーワークス

サグーワークスは、Webライティングの仕事に特化したクラウドソーシングサイトです。

主な仕事内容は、文章作成とアンケートのみです。

文章作成以外の余計な情報が入ってこないため、必要な仕事内容だけに集中できることが大きなメリットとなるでしょう。

 

Webライティングは、スキルのないクラウドソーシング初心者に適した仕事です。

そのため、これから副業を始める方にもおすすめできる仕事です。

副業だけではなく、脱サラやフリーランスを目指している方は、サグーワークスでWebライティングのスキルを身に付けておくことをおすすめします。

まとめ

副業を楽しんでいる女性

クラウドソーシングでの副業を会社にバレずに始める方法と稼ぐための方法を紹介してきました。

クラウドソーシングは、家にいながらでも副業を始められる便利なサイトです。

しかし、稼ぐためにはちょっとしたコツが必要だったり会社に勤めている方はバレないための工夫も必要です。

 

また、挑戦する人が多い分、諦めてしまう人も多いのがクラウドソーシング です。

ここで紹介した方法を参考にして、クラウドソーシングで稼いでみてください。

きっと人生の新しい選択肢が増えるはずですよ。

 

こちらでは、筆者が副業を通して独立するまでの軌跡を余すところなく公開しています。

副業で稼いだり、将来独立したいという想いのある方は目を通しておくと役立つでしょう。

(Visited 23 times, 1 visits today)
Close