Written by 9:45 PM 知識・スキル

仕事、そして家事と育児に忙しいママさん、副業のスキルを身に付けるには?

ワーママ必見!忙しい時こそ「副業の組み立て方」を意識しよう!

本業の他に家事や育児を抱えていると、副業に使える時間も少なくなりがちです。しかし限られた時間の中でもできるチャンスはあります。
そこで忙しいママにおすすめの、副業の組み立て方を紹介します。
仕事、そして家事と育児に忙しいママが、副業を行い、スキルをどのように身に付けていけば良いのでしょうか。



忙しいママが副業する際に必要な3つの要素

限られた時間を有効活用しながら、副業の時間を組み立てるためには以下の3つの点に注意しましょう。

1.「すること」を可視化させる
2.自分を把握する
3.まずは動いてみる

では具体的には、どのようにしていけばいいのでしょうか。

1.忙しいママの「すること」を可視化させる方法

フルタイムでも、パートタイムでも、1日の中の決められた時間は仕事で拘束されることになります。そして仕事を終えたら、子どもをお迎えや夕食の支度、その他の家事に追われてひと息つく間もないですよね。

副業する時間なんて取れそうもないのでは?と思ってしまいがちですが、副業はまず、短時間からスタートし、徐々にスキルを身に付けることが大切なのです。

では具体的に、どのようにすれば良いか探っていきましょう。

なぜ忙しいか整理し、スケジュール管理を徹底する

一週間、もしくは1日の中でこの日のこの時間は副業に使うと決めておくなど、スケジュールを考えておくことから始めてみましょう。その際、1日のうちにしなければいけない「TO DOリスト」を作っておくと把握しやすいです。

また副業が忙しくなってくると、本業の仕事と入り混じってしまう可能性があります。その予防策としても、TODOリストは有効です。

たとえば副業だけのTODOリストを作り、部屋のコルクボードなどに貼っておき、終わったらノートに移動させ、領収書などと保管すると一目瞭然です。領収書があまり出ない仕事の場合は、プロジェクトの振り返りや注意が必要な点などをメモしておくと、あとで役立ちます。

また付箋を貼る場所を決め、それがまっさらになったら「業務終了」と目視できると、モチベーションアップにつながるのでおすすめです。

2.「自分を把握する」するために向き合おう

本業をこなしながら副業を組み立てていくために必要なことは、自分のキャパシティの把握です。どんなに副業で成功したいからといっても、本業に支障をきたしては意味がありません。
本業や家事などの時間配分や、自分のキャパシティを考えながら、副業の仕事量を調整することが必要です。

本業が忙しく、残業が続いたり、年末年始や家族の予定が立て込んだりする時期は、副業の仕事量を少なめにするなど無理のないように調整します。

納期が決められている仕事であれば、依頼主に納期を延ばしてもらえるようにお願いするなど、自分なりに判断していきましょう。

自分を把握する方法は、まさに「試行錯誤」

忙しいママが副業にどれくらい時間を避けるかを知るのは、案外難しいものです。大人の事情だけで進むならば上手くいきやすいですが、子どもがいるとそうもいきません。そのため毎日の試行錯誤の中で、自分のできる範囲を知っていく必要があります。

たとえば仕事をする際の所要時間を、メモして把握するのも手です。逆に自分だけではなく家族にも協力してもらい「〇〇時から△△時は、副業タイムなので後はよろしく!」とパパにバトンタッチしてもらっても良いでしょう。

家族と話し合い、試行錯誤しながら無理なくできる範囲を探していくことが大切です。



3.低単価からでもOK、「まずは動いてみる」

副業を始めて、いきなり高収入を得るのは余程のことが無い限りは難しいものです。しかし動かなければ、何もはじまりません。
まずは単価の低い仕事を、短時間から始めて地道にスキルを上げて、収入を伸ばしていきましょう。

副業として人気の「Webライター」を例に挙げると、まずは1文字0.5円程の低単価の案件から始めて、地道に続けていけば文字単価の高い案件を依頼されることもあります。
まずは動いてみて、少しずつ副業プランを変更し、スキルアップしていきましょう。

また「簡単に稼げる」とうたい、怪しい商材を購入させるような悪徳業者も存在します。初心者であればある程、目先のお金にとらわれず、安心できる取引先を選ぶことも大切です。

動き続けていれば、突然スキルアップすることも

一般的に副業は、続けることによってスキルが上がり、それに伴い収入も増えることが多いです。
最初から期待通りの収入が得られないからといって、諦めてしまうのは非常にもったいないことです。副業がスキルアップすれば、短い時間でできる仕事の量が増えるなど、効率よく仕事しながら稼ぐことができます。例えばWebライターの場合だと、文字単価がアップして少ない文字数の記事の執筆でも、報酬額が高くなるという嬉しい結果につながるのです。



忙しいママの可能性を伸ばす、副業の在り方を探ろう

副業がブームの今、世の中には数多くの副業があります。中にはこんな副業もあったんだ!と驚くような仕事もあります。
文章の執筆や編集、デザインなど、得意なことや興味のあることで副業して新しい収入源を作るために、まずは現状を把握し、そして動いてみてください。

「本業と家事で忙しいのに、副業なんて」と最初は億劫に感じてしまうこともあるでしょう。本業と副業を両立させて、成果を出している人たちでも始めはそんな思いを抱えていたのですから、大丈夫です。状況を整理し、まずは動いて、自分らしい副業の在り方を見つけてみてください。

<参考リンク>

・直ぐにでも始められるビジネスモデルをご紹介

・テープ起こしって稼げる仕事?必要なスキルやテクニックは?

・Sideline Interview001:Eigtmedia Shino氏(前編)


(Visited 10 times, 1 visits today)
Close