Written by 12:07 AM 知識・スキル

【体験談】クラウドソーシングのライターで初心者が稼げる収入は?食っていける?

クラウドソーシングライター

「クラウドソーシングで、ライターは本当に稼げるのか?」そう疑問に思っている人も多いですよね。

登録は簡単なので、誰でもお金を稼ぐこと自体はできます。

ただし、高収入を実現できるかどうかは本人のスキルに依ります。

この記事では、クラウドソーシングでライターは月収いくらくらい稼げるのか、稼げるライターになるためにはどうしたら良いのかなどについて解説していきます。

筆者はクラウドソーシングでライターをしているので、自身の経験がみなさんのお役に立てればと思います。

筆者プロフィール

筆者は独立して生計を立てている女性のWebライターです。

フリーランス2年目ですが、月収は30万円ほど稼げています。

 

副業時代を含めると、5年近くクラウドソーシングを使ってきています。

未経験から稼げるライターになれるまでの経験を踏まえ、クラウドソーシングで稼ぐ方法などをお伝えしていきます。

【体験談】クラウドソーシングのライターはいくら稼げる?

パソコンを使用している女性

クラウドソーシングは仕事をこなせばこなすほど稼げるため、どれくらいの時間を充てられるかによって収入が変わってきます。

クラウドソーシングの仕事を本業に充てられるなら、20万円くらいは稼ぐことができます。

筆者のように30万円稼ぐこともできますし、もっと稼いでいる人もいます。

 

ここまで本腰を入れなくても、副業や初心者でも稼ぐことはできます。

初心者や片手間になってしまう副業の方でも、月収2万円から3万円くらいは稼げます。

頑張れば5万円くらい稼げるかなといった感覚です。

これくらい収入が増えたら生活がかなり楽になりますよね!

 

実際、筆者も退職を見据えて副業を試していた頃、クラウドソーシングは月収2万円ちょっとでした。

「もっと本腰を入れて頑張れば生計を立てられる」と思ったため、現在は会社を退職して独立しています。

 

クラウドソーシングは自宅でできる仕事がほとんどなので、わざわざ外に出てアルバイトをする必要はありません。

快適な自宅でノーメイクでかつ適当な服装でも仕事ができるのに、月収2万円から3万円は稼げるので、副業にもぴったりだと言えるでしょう。

クラウドソーシングでライターが稼ぐ手順

初心者向け

副業の人も専業を目指す人も、クラウドソーシングを始めてライターとして稼ぎ始めるための手順は同じです。

クラウドソーシングのサイトに登録するところから、実際の仕事を始めるまでの流れをについて解説しましょう。

サイトに登録する

まず、クラウドソーシングのサイトに登録する必要があります。

有名どころは「ランサーズ」「クラウドワークス」が挙げられるでしょう。

まだどのサイトに登録するか決めていない人は、まずはこの2社から始めてみてはいかがでしょうか?

 

クラウドソーシングのサイトを開くと、「会員登録」といったボタンがあるのでクリックしましょう。

メールアドレスや氏名、住所などを登録したら、クラウドソーシングを始めるための最低限の準備は整います。

サイトに登録してアカウントを作れば、仕事を始めることができます。

 

今すぐにお金を稼ぎたい方は、作業系の簡単なタスクや仕事に取り組んでみましょう。

数百文字のレビューなどの仕事があり、作業内容にクライアントが納得すれば、報酬が支払われます。

ですが、プロフィールが空っぽの状態だと、高単価な案件に採用されにくくなります。

どんな人なのかわからないと、発注者も不安だからです。

そこで、仕事に取り掛かる前にプロフィールを充実させておくことをおすすめします。

プロフィールを充実させる

会員登録が完了したら、プロフィールの内容を充実させましょう。

本名とは別に表示されるニックネーム、これまでの経験、プロフィール画像などを登録します。

できるだけ空欄がないように埋めた方が、真剣にクラウドソーシングに取り組んでいることが伝わるため、仕事の発注者には好印象を与えられます。

 

ニックネームは、本名に近い「普通の名前」っぽいものがおすすめです。

例えば、本名が鈴木花子なら「スズキ」「はな子」のといった感じです。

フルネームの本名をネット上で公開するのは不安な方も多いと思いますので、本名の一部を、個人情報がわからない程度に加工した名前がおすすめです。

 

ときどき「らぶちゃん」のような「愛犬や愛猫の名前かな?」と思われる名前をニックネームにしている方がいらっしゃいます。

しかし、クラウドソーシングは友人とつながるSNSではないため、仕事でも使える感じの名前の方がおすすめです。

本人のスキルに問題がなくても、ニックネームの決め方で損をしてしまうともったいないです。

本人認証・スキルテストなどを行う

プロフィールを登録した後、サイトによっては追加でやっておいた方が良い項目があります。

電話での本人認証やスキルテストなどがあるので、できる限りすべて終わらせておくと、発注者から見たときの信頼感がアップします。

 

電話での本人認証は、ランサーズで実際に設けられている項目です。

登録した電話番号にランサーズから電話がかかってくるため、それを受けて会員登録した本人の電話番号であることを証明すれば、認証は完了します。

 

なぜこのような項目が設けられているのかというと、不正利用を防いだり、ワーカーの本気度を発注者に知らせたりする目的が大きいと考えられます。

簡単に会員登録できるのがクラウドソーシングのメリットですが、やる気のない人や違法ですがコピペ記事を納品して楽してお金だけもらおうとする人も登録できてしまいます。

 

発注者の視点に立つと、電話での本人認証をしている人なら、このような危険は低いだろうと考えられますよね。

ワーカーは信頼感を高めて仕事の受注につなげられるので、本人認証などのチェック項目もできる限り埋めておきましょう。

タスクをこなして実績を作る

プロフィールを埋めるのと同時並行したいのが、「タスク」や「作業」といった簡単な仕事です。

アンケートや簡単なレビュー記事・ブログ記事の募集で、先着方式でワーカーたちが作業していきます。

 

単価が1文字0.2円程度と低いのですが、納品物のクオリティにも高い要求はされにくいのが、タスク案件の特徴です。

だからと言って適当に作業して良いわけではありませんが、初心者にとってもハードルが低い案件なので、最初はタスクをこなしていきましょう。

 

ただし、タスクだけだと稼げるライターにはなれません。

1文字0.2円の単価だと、1,000文字書いても200円にしかならないからです。

1時間で1,000文字書ければライターとして生計を立てられる兆しが見えますが、それでも時給200円と低くなってしまいます。

 

したがって、より単価の高い仕事を受注しないと、副業でも専業でも稼ぐことは難しいです。

高単価の仕事を受注するには、プロジェクトへの応募が不可欠です。

プロジェクトで高単価の仕事をゲット

クラウドソーシングのライティング案件には、タスクの他にプロジェクト案件があります。

これは、発注者がどんな記事をいくらの報酬で作成して欲しいか提示し、条件に合ったワーカーを募集する形式です。

先着方式のタスクとは違い、プロジェクトに提案して採用された人だけが仕事を受注することができます。

 

プロジェクト案件だと、1文字1円以上の仕事を見つけることも可能です。

1時間で1,000文字書ける人なら時給1,000円になるので、ようやく稼げる感覚が出てくると思います。

 

ライターとして独立するのに必要な執筆スピードの目安が1時間で2000文字程度なので、これくらい書ける人なら時給2,000円になります。

このスピードを超えられるようになると、コンビニのアルバイトよりも効率良く稼げる自覚が出てくるでしょう。

 

タスクだけで月収2万円から3万円に到達するのは、現状の相場だと不可能だと考えられます。

どんどんプロジェクトに提案して、高単価の案件を増やしていきましょう。

稼げるライターになる方法

ポイント

最後に、稼げるライターになるために押さえておきたいポイントを解説していきます。

初心者のうちからこれらのポイントを意識することで、早く稼げるようになるでしょう。

PREP法を身につける

記事の執筆は、「PREP法」を意識しましょう。

PREP方とは論理的な文章を書くための型で、これを身につければ誰でもわかりやすい文章を書けるようになります。

PREP法を身につければ、クライアントから「わかりやすい文章で良かったので、今後も継続して発注したい」と言ってもらえる機会が増えるでしょう。

 

PREP法とは、結論(Point)→理由(Reason)→具体例(Example)→結論(Point)の型のことです。

この流れで文章を書くと、論理的でわかりやすい文章が書けるのです。

PREP法を使えば、ライターは文章構成に悩む時間が省けますし、クライアントもわかりやすい記事に満足してもらえるでしょう。

この記事の大部分もPREP法を意識して執筆しているので、参考にしてみてください!

クラウドソーシングから認定される

実績を積んで条件を満たすと、クラウドソーシングサイトから認められます。

ランサーズでは「認定ランサー」と呼ぶのですが、認定ランサーになると発注者から信頼されやすく、プロジェクトを受注しやすくなります。

 

実績とは、

  • クライアントからの評価が高い
  • クラウドソーシングの報酬額が上位である
  • メッセージの返信が早い

といったことなどです。

誠実に仕事を行っていれば、誰でも満たせるような条件なので、初心者や副業の人も認定される可能性はあります。

 

認定されると、公式に「この人はきちんと仕事をしてくれますよ」と認められたようなものです。

クライアント側も、認定された人と認定されていない人がプロジェクトに応募してきた場合、どちらも同じような提案文だったら認定されている人を採用しますよね。

よって、認定されることも稼げるライターになるために重要なポイントなのです。

提案文を磨いて魅力的にする

プロジェクトに応募する際の提案文は、より魅力的になるよう改善していきましょう。

まず、プロジェクトに応募しても落選することが多いため、複数の案件に応募することが一般的です。

毎回提案文をゼロから作成するのは時間がもったいないので、ある程度は雛型を作っておきます。

 

プロジェクトに落選してしまったら、その都度、提案文の雛型を見直しましょう。

重要なのは、クライアントから見て魅力的な内容になっているかどうかです。

 

例えば、いくらやる気があっても、「実績は無いけどやる気はあります!」「未経験ですが一生懸命やります!」のような感覚的な提案文だと、実績をきちんと書いている人の提案文に比べて見劣りしてしまいます。

ライティングの経験はなくても、その分野に詳しいことや客観的な資格などでアピールした方が良いでしょう。

 

提案文は雛型を作っておくのですが、落選したら提案文の見直しをしましょう。

クライアントから見て「この人に任せたい」と思える内容になっているか、確認してください。

まとめ

クラウドソーシングでライターが稼ぐための手順や方法をお伝えしました。

クラウドソーシングは登録すればすぐに仕事を始められますが、実績がない初心者のうちは低単価のタスクが中心になることは否めません。

高単価な仕事をゲットして月収2万円から3万円を稼ぐためにも、PREP法を身につけたり提案文をブラッシュアップしたりしましょう!

(Visited 13 times, 1 visits today)
Close