Written by 5:15 AM 企業紹介・仕事紹介

トラベルライターの魅力!!

趣味が実益を兼ねるということは最高ですよね。

今回はそんな最高が現実になるトラベルライターのお仕事をご紹介します。

旅行好きの人は特に必見です。



トラベルライターってどんな仕事?

トラベルライターとは旅行先の観光地やレストラン、お土産や特産品などを取材して雑誌、WEBメディア、ガイドブックなどに寄稿するお仕事です。

旅行先で自身が感じた魅力を文字と写真にすることでお金を稼ぐ。旅行好きの人ならば最高のお仕事ですよね。

でも、トラベルライターの仕事は楽しそうだから倍率が高く、またもともと出版業界や旅行業界に務めてた人でコネがないと無理そう……って思いませんか?

安心してください。現在はSNSが発達していて出版業界や旅行業界だけでなくWEBメディアなども旅行ジャンルに力を入れています。

そこで、実際にトラベルライターとして働く方法や事例についてご紹介します。

トラベルライターになるには

トラベルライターになる方法として簡単なのがネットで「トラベルライター 募集」と検索し、出てきた募集要項に応募するだけです。

実際に検索してみると

・LINE トラベルJP

https://www.travel.co.jp/guide/info/recruit/

・tripnote

https://tripnote.jp/minna

・TABIPPO.NET

https://tabippo.net/category/release/writer-partner/

多くのWEBサイトがトラベルライターを募集していることがわかります。ライター未経験者でも応募できるサイトがありますので、ためらわず1歩踏み出して応募してみましょう。

トラベルライターの仕事

旅行して記事を書くといっても実際の流れがわからない不安ですよね。

仕事の流れは媒体によって異なりますが、おおまかな流れは以下です。

①企画立案

観光地や飲食店などの記事のアイデアを思いついたら下調べをして大まかな企画をつくります。

例としては「○○という観光地を、歴史とグルメの2軸で記事にしようと思います」のような形で企画します。また、それに合わせて見出しを作り、経費(食費や交通費)の計算などもします。

作った企画をメディアの編集者さんに提案してOKが出たら現地に行って取材です。

②取材

現地に行き、取材や写真撮影を行います。

現地の人にインタビューをするならば前もってアポイントをとりましょう。

③記事執筆

取材した内容や写真をもとに記事を執筆します。

文体や文字数などのメディアのルールに沿って執筆していきます。

④記事提出

記事が完成したら編集さんに提出します。

修正を加えた記事に対して編集さんからOKが出たら納品となります。

以上の4つがトラベルライターの仕事の流れです。自分で企画をせずに編集さんが作った企画にそって取材記事執筆を行うこともあります。



稼げるトラベルライターになるには

トラベルライターに応募して仕事を始めたが全然稼げない(仕事がない)というのは意味がないですよね。

トラベルライターになって稼ぐにはどうすればよいのかご紹介します。それはブログやSNSの活用することです。

ブログやSNSの流行によりメディアではなく個人が影響力を持つようになっています。いわゆるインフルエンサーと呼ばれる人達ですね。

メディアもインフルエンサーの影響力によって記事が拡散されることを期待しています。上記で紹介したトラベルライターの仕事の流れ①~④の後に⑤記事の拡散が追加されることを期待しているのです。

その為にも日々、個人ブログやTwitter、Instagram等のSNSを活用していきましょう。

自身で影響力を持つことで仕事の依頼が舞い込んだり、仕事の報酬がUPしたります。

トラベルライターのまとめ

副業として始めるトラベルライターはいかがでしょうか。旅行が趣味だという方は旅行して終わりではなく、記事というアウトプットにしてお金を稼ぐのはいかがでしょう。

実績を積むことで、いつも楽しく旅行して生きていくという生活も実現可能です。

<参考リンク>

・Webライターの収入はどのくらい?副業としてのメリット

・SNSフォロワーを増やすための4つのコツ

・THE Sideline Interview002:メディアプロデューサー 佐藤潤氏(前編)


(Visited 14 times, 1 visits today)
Close