Written by 11:48 PM 豆知識/その他

副業をしたいサラリーマンが増えている背景について

副業をしたいと考えるサラリーマンが近年ではかなり増えています。サラリーマンとして働いていながらも、頭の中では副業をしたいとい思いが強いケースも。

今回は、副業をしたいサラリーマンが増えている背景について考えていきましょう。



本業の収入が減っている

本業の収入が増えていれば、本業のことだけを考えていれば良いかもしれません。でも本業でどんなに努力をしても昇給ができないことや給料カットがされるなどの出来事も。

こうなると、本業だけで生活をしていくのを不安に感じてしまうでしょう。サラリーマンは安泰だと思っていたら、そんなことはないと思い知らされてしまうケースもあるのです。

本業の収入が減ってきたことを気にしながら働くよりも、副業をするようにして精神的な安定を図りたい思いもあるのです。

興味のある副業を見つけた

サラリーマンとして本業に対して、興味が持てず仕方がなく働いているという人は案外多いもの。

こういう人が、できるだけ人生を楽しいものにしようと思う時に興味のある副業をしてみるのも良いと考えるのでしょう。

実際に興味のある副業を見つけることができたのなら、一度チャレンジしてみたいと考える人もいます。

自分にとって本業よりも夢中になり楽しめる副業に出会えたのなら、日々がより活性化すると考えるのでしょう。



副業をする人が多いから

周りに副業をする人が多いという理由から、自分も副業を始めてみようとするケースもあります。

副業をする人から様々な意見を聞いて参考になるとともに、副業をしている人をうらやましく思う気持ちもあるのです。

自分にとっては本業の道しかないのでしがみつくしかない。でも副業の道を持っている人は、もっと本業に対しても気持ちが楽に持てるはずだと考えるのでしょう。

こういう存在に自分もなりたいがために、自分も副業をするうちのひとりになりたいと考えるのです。

可能性を信じたい

自分には他にも可能性があると信じたい気持ちもあるでしょう。もし可能性があって、その方向に向かうことができるのなら、勇気を出して向かってみたい思いもありますよね。

可能性があると思いながらも行動に移せないよりは。実際に行動に移せた自分に対して、誇りが持てるような例もあるのです。

勇気を出すことができた、そして一歩ずつ前進していると思うと、前進できている自分を好きになれると感じる人もいるでしょう。

年齢を重ねるほどに可能性が自分にはあまりないように思うもの。しかし副業について考えてみると、可能性の広さを感じられるケースが多いのです。

副業を認めてくれる会社だから

本業として勤めている会社が副業を認めるようになったので、サラリーマンが副業をする例もあります。

今までは副業がNGの会社でも、競合会社が副業OKにしたという理由から自社も副業OKにする可能性もあるでしょう。

これを聞いて、本業に差し支えない程度なら副業をしてみたいと思い、実際にサラリーマンをしながら副業を始める人もいるのです。

もっと早く始めたかったと思いながらも始めたくてもできない人のことを思うと、自分は恵まれているように思い努力をする人もいるでしょう。



まとめ

副業をサラリーマンがしたいと思う時には様々な理由があります。それぞれの理由から、できるだけ今とは違う「何か」を得たい思いがあるのでしょう。

副業をすることで、自分の得たいものを得られる可能性もあります。副業をしようとする時にこれからさらに自分のできる精一杯で努力をしていきたい、そう考える人もいるでしょう。

副業をしてみて副業について甘く見ていたけれど、慎重におこなっていこうと考える人もいるのです。副業がサラリーマンにとって、プラスになる場合が多いと副業をしてみて気が付くケースもあるでしょう。

<参考リンク>

・副業に向いているのはどんな人?その特徴について

・WEBライターでサラリーマンが月3万円稼ぐコツをご紹介!

・Sideline Interview001:Eigtmedia Shino氏(前編)

 

(Visited 6 times, 1 visits today)
Close