ワーママの時短術を知って賢く活用しよう!

2019.04.28
FacebookTwitterHatenaLine

ワーママの時短術を知って賢く活用しよう!

ワーママは時短について意識をしていることが、とても多いですよね。できるだけ時短術を上手く活用して、生活にも役立てたいと思う人も多いのではないでしょうか。
今回は、ワーママの時短術の中でも家事についてのものを、詳しくお伝えします。自分に合った時短術を見つけて、少しでも今よりもゆったりとした時間を過ごしてみませんか。



ワーママは朝が命。1秒たりとも無駄にしない!

お弁当は夜のうちに用意おく

夜のうちにお弁当をだいたい作っておいて、朝は温めるだけにしておくと寝坊をしても安心です。

最近では、冷凍食品のお惣菜もとても美味しいものが増えています。これらを活用することで、忙しいワーママが食事の用意にかける時間を、少しでも短縮できるでしょう。
しっかりと味付けがしてあるお惣菜もあれば、ブロッコリーが茹でた状態のまま冷凍されているものもあります。いろいろ試してみてはいかがでしょうか。

洗濯は朝タイマーがおすすめ

洗濯を夜のうちに室内に干しておくと、朝は余裕ができます。しかし干す場所がない場合は、洗濯機のタイマー予約をしておくと、朝干すだけなので時間短縮になります。洗濯機によって、タイマー時間を細かく設定できない場合があるので気をつけましょう。

またタオルの大きさを見直すのも手です。お風呂上りのタオルは大判というイメージがあります。しかし小さな子どもの場合は、スポーツタオルで十分。また大きなタオルを洗面所に置いておくことで、子どもが勝手に出してしまい余計に洗い物を増やしてしまう場合もあります。

基本的に手を拭くタオルは、フェイスタオルでも実は十分なのです。ファイスタオルを多めに用意しておき、手洗いの際はそれで対応すると、洗い物がかさばらず早く乾きます。

そもそもの洗濯物の質を見直すことも、時短テクの1つといえるでしょう。



習慣作りで、時短をしよう

ワーママの時短術、洗濯はカゴ分けにしよう!

洗濯をする前に、ママが一人で仕分けをするのは大変です。家族に事前に伝えて、肌着と洋服類とタオル類を、それぞれのカゴに分けて入れてもらうようにしましょう。
そのうえで、ネットに入れるものはママが入れるようにするだけなら、そんなに時間がかかりません。
家族にも協力をしてもらえば、ワーママの家事を少しでも減らすことができるでしょう。でもあまり家族に負担をかけてしまうのは、ママとしては申し訳ないと思うもの。

簡単にできる内容を知っておけば、家族の様子を見ながら協力してもらう程度を決めていきやすいのです。

買い物は休みの日にまとめてやろう!

休みの日に一気に買い物をしてしまうと、毎日の買い物に行く時間が短縮されます。休みの日に買うことに決めておけば、土日が休みのワーママなら平日に、土日に買うものをリスト化できるでしょう。
毎日買い物に行くと、必要以上に物を買ってしまう場合もあります。特売と聞いて、買いすぎてしまう例もあるでしょう。
でも買い物を週に1度で済むようにしておけば、結果として家計への負担を減らせるのです。

日用品については、ネットにて購入をした方が安い場合もあるでしょう。重いものについては、仕事の帰りに購入するのは大変なので、ネットをうまく活用しましょう。

家事の担当をざっくりと決めておこう

家事についての担当を決めてみると、それぞれがアイデアを出し合いながら家事をすることが可能です。
でもこの時のリーダーはママであるのが重要に。ママがアイデアを出して、それぞれの家事を楽にできるように、工夫をしてみましょう。
夫や子供のアイデアは積極的に取り入れるようにすると、家族の絆が深まります。働くママを大変だなと思いながらも、何を手伝っていいのか分からないと思う家族もいるでしょう。

思い切って「手伝って!」と言って、手伝ってもらった後には笑顔で「ありがとう!本当に助かったわ!」と言うようにすれば、今後も手伝ってもらいやすくなるでしょう。

休みの日に一気に買い物をする

休みの日に一気に買い物をしてしまうと、毎日の買い物に行く時間が短縮されます。休みの日に買うことに決めておけば、土日が休みのワーママなら平日に、土日に買うものをリスト化できるでしょう。
毎日買い物に行くと、必要以上に物を買ってしまう場合もあります。特売と聞いて、買いすぎてしまう例もあるでしょう。
でも買い物を週に1度で済むようにしておけば、結果として家計への負担を減らせるのです。

日用品については、ネットにて購入をした方が安い場合もあるでしょう。重いものについては、仕事の帰りに購入するのは大変なので、ネットをうまく活用しましょう。

大変な場合は、プロを頼むのもアリ

いろいろ試しても時短できない、精神的な負担が大きい場合は、プロにお願いするのも手です。その道のプロに依頼することで、多少のコストはかかりますが、ママの心の負担が軽くなるならばそちらを選ぶのも賢明です。

食材や日用品などが届く宅配サービスや、カット野菜が届くサービスの他、家事の手伝いに来てくれるサービスもあります。必要に応じたサービスを選んで、家族が笑顔になれる方法を選択しましょう。



まとめ
ワーママが時短をする時には、できるだけ家事についてのアイデアを得ておきたいですね。これもワーママとして生活をするうえで、とても大切なことなのです。
工夫をしながら過ごすママの姿は、夫や子供たちにとって頼もしい存在になるでしょう。



<参考リンク>

・ママさん必見。副業をする上で、必ず乗り越えるべき壁とは?

・副業の探し方にはどのようなものがある?効率的な探し方

・Sideline Interview003:バブリーたまみ氏(前編)


FacebookTwitterHatenaLine

おすすめ記事

無料メールマガジン登録

THE SIDELINEメールマガジンは無料でご登録いただけます。ビジネスに関する最新情報を不定期でお届けしております。