Written by 10:18 PM 企業紹介・仕事紹介

土日副業の起業のポイント

副業と言ってもアルバイト、パート、派遣で雇用される形態であれば各種の媒体や人材派遣会社の求人情報に応募することによって、仕事に就くことはできます。しかし、これは本業がサラリーマンであれば2重の雇用を受けることで副収入であっても、副業とは言えないかもしれません。また、副業の中心のクラウド型のデジタルワ-クができる人で、オンライン納品で仕事を完結できる場合はいいのですが、これらの分野が不得意な人もいるでしょう。またデジタルワークも価格競争や価格相場で苦しむ場合もあるでしょう。ではデジタルワーク以外のリアルビジネスでの土日副業の起業のポイントはどのようなものでしょうか。サービス業を中心に考えてみましょう。



サービス提供者である自分自身を売る。

一般的サラリーマンの場合は、まとまって副業にあてられる時間は土日中心にならざるをえません。もちろん土日業務で平日休みの人もいるわけですが、空き時間に制限があることに変わりはありません。顧客本位でサービスを提供すること、つまりは顧客の都合の良い時間に合わせてサービスを提供することが困難です。どうしても顧客にサービス提供者その人のサ-ビスを受けたいという関心をもってもらわなければならず、そのためには自分自身を売っていくことや自分自身を商品にしていかなければなりません。



サービスのオリジナリティ

自分のサービスが顧客に訴えるにはオリジナリティが必要です。サービス提供者その人ならではの特性や個性が魅力になります。個人としてのサービス価値が確立しているものに次のような分野があります。

教える仕事―特に個別指導にニーズ

教える仕事は先生としての知識や技術が学ぶ人にとって魅力のある分野です。自分自身を売るビジネスの代表でしょう。集合型の教室での講義やレッスンではなく、個別指導型のものは特に副業に向いています。個別指導は組織ではなくて個人での1対1の分野ですので、企業のエンジニアが理数系科目を教える家庭教師の仕事や自動車の運転が得意な人が教習所ではなく路上中心にペーパードライバーの運転指導をする個別教習やパソコンに詳しくIT企業に勤めるSEがパソコンの個別指導をするレッスンやその他の語学レッスン、料理指導など極めて多様な分野で可能です。場所の問題も相手の自宅や自分の自宅、公共会場などを使用することにより解決できます。特に重要なことは自分の都合の良い時間を顧客に考慮してもらえることで成り立つ点です。



専門技術的な作業を安く提供する仕事

本業自体が専門的技術的仕事の会社に勤めている人の場合など、プロとしての専門知識や技術を土日限定で安く提供するというのが売りになります。企業の経理マンによる経理指導、記帳代行、決算処理や前述のIT技術分野などの建築設計技術者のリフォーム住宅設計などもあるでしょう。会社の業務に関連しなくても特技があれば顧客も認めてくれる可能性があります。パソコンの修理や自宅内施工、家電の取り付け修理、また女性ならではの分野で整理収納などがあるでしょう。

人に気に入られることがポイントの接遇的サービスの仕事

高齢者向けの買い物代行、車椅子散歩支援、話し相手、安否確認、掃除などの受託のポイントは相手に気に入られることです。気に入られれば必ずリピートします。

副業で起業する営業はインターネットでも行えるでしょうし、ミニチラシを継続的に自宅周辺に配布する方法などもあります。便利屋さんの営業方法はミニチラシを狭い地域に絞り込み、半年程度継続するのがオーソドックスな開拓営業です。副業の起業が小さくてもうまくいけば本来の目的が起業である場合大きな自信になるでしょう。副業からの起業で道筋が開かれる場合もあるでしょう。ステップ的に自分のやりたい分野に挑戦する足場にもなるでしょう。

リアルビジネスの強みは顧客との人間関係が生まれることでリピートし、また価格も一定額を要求しやすいことです。価格相場というものがあり、それよりも少し安めで勝負していけば副業としての採算は取れます。



<参考リンク>

・オリジナリティのある副業起業―自分の体験を活かしたアドバイザー業務

・副業に向いているのはどんな人?その特徴について

・Sideline Interview001:Eigtmedia Shino氏(前編)

 

 

 

(Visited 11 times, 1 visits today)
Close