Written by 9:49 PM 豆知識/その他

ライターになるための必要なスキル

在宅&副業OK!未経験でママライターになるために必要な3つのスキル

ママにおすすめな副業の1つに「ライター」があります。ライターは必ずしも専門的な資格や認定が必要なわけではありません。しかしあると仕事が継続的に得られやすいスキルは存在します。そこで今回は未経験でライターに挑戦しようと考えているママに向けて、身に着けておくと役に立つ3つのスキルを紹介します。



ライターには必須スキル正確な「タイピングスキル」

ライターの仕事内容はさまざまですが、すべてに共通しているのは、タイピングスキルが必要という点です。文字が正確に打て、タイピングスピードが速ければ、1時間あたりに稼げる金額も大きくなります。2000文字程度の文章を20分から30分で完成させられるまでに上達したら、かなり稼ぎやすくなっているはずです。

初心者ライターはぜひ挑戦してみて!タイピングが速くなる方法

タイピング初心者は、タイピング練習用ソフトなどを使ってタイピング練習をするといいでしょう。ある程度できる人は、単価の低い仕事でも経験を積むために引き受け、タイピングスキルの向上に努めます。2カ月、3カ月もすれば、初期とは見違えるほどタイピングスキルも上がっているので、忙しいママにとっては大きな武器になるでしょう。
しかし小さい子どもがいる場合、パソコンで仕事をするのは難しいかもしれません。その際は、携帯電話で原稿を書くこともできます。GoogleドキュメントやEvernoteなどのクラウド系ツールを使うと、パソコンや携帯電話の両方からアクセスができます。タイピングスキルを磨いて、隙間時間を有効活用していきましょう。



難しいことをわかりやすく「伝えるスキル」

他の人にわかりやすく説明できるスキルは、ライターとしても重宝されます。どのような文章でも、その道のプロしかわからないような難しい専門用語が並んだ文章よりも、初心者にもわかりやすく噛み砕かれた文章の方が多くの人に受け入れらるのです。

検索ユーザーに好まれる記事を納品できる執筆者は、どのクライアントも確保しておきたいものです。せっかく子育て中のママさんなのですから、日々子供と接しているという強みを生かして、誰にでもわかりやすい説明ができるというスキルを磨いておくライティングに役立ちます。

ライティングに必要な「伝えるスキル」の磨き方

文章を書く時は「中学生でも読める」言葉を使うように心がけるといいでしょう。基本的に辞書を引かなくてもわかる言葉を使うべきですが、時には言い回しが似てしまう可能性もあります。その場合は同類の言葉を探せる「類語辞典」を使うと言葉の幅が広がるはずです。

読ませる「コピーライティングスキル」

もしウェブ関連で副業を行う場合、コピーライティングのスキルはどんな場面でも応用が利きますし役立ちます。

例えば、クラウドソーシングサービスを利用して記事を納品することで稼ぎたい場合、コピーライティングスキルがあったら継続的な発注を確保できます。魅力的なタイトルをつけた記事を常に納品することが出来たら、あなたに発注するクライアントさんもあなたを手放したくなくなるはずです。なぜなら、コピーライティングスキルが高い方が作った魅力的なタイトルの記事は、ウェブで公開したときにクリック率がかなり高いためです。あなたの記事を入れたおかげでアクセス数が増えたとなれば、受注できる単価も上がって収入はどんどん増えていくことでしょう。

コピーライティングスキルは、日頃の観察から磨ける!

コピーライティングスキルを磨くには、人気のあるブログやメディアを日ごろからよく観察しておくことが大切です。ニュースアプリでも良いので、思わずクリックしてしまった記事にはどんなタイトルがつけられていたのか自分なりに分析してみましょう。その繰り返しで、自然とコピーライティングスキルは身についていきます。

スキルを磨きつつ、副業を楽しもう!

どのスキルも、ウェブ関連の副業に取り組んだことがないママさんにとってはハードルが高そうに思えるかもしれません。しかし、そのスキルを磨くためだけに時間を使うなど、遠回りをしなくても意識の持ちようで高められるスキルばかりです。とにかくまずは副業をスタートさせてみて、早くスキルアップできるように取り組んでいきましょう。



<参考リンク>

・ワーママの悩みとしてよくあるものと解決法

・ママが育児と両立できる4つの副業

・Sideline Interview001:Eigtmedia Shino氏(前編)


(Visited 4 times, 1 visits today)
Close