Written by 11:49 PM コラム

【体験談】クラウドワークスでの稼ぎ方は?初心者も実践できる私の月5万円を稼ぐ方法

クラウドワークスでの稼ぎ方

クラウドワークスは、日本国内でもトップクラスに豊富な仕事が掲載されたクラウドソーシングサイトです。

「クラウドワークスでこれから稼いでいきたい」「初心者におすすめな稼ぎ方のポイントを知りたい」このような方に向けて、クラウドワークスを利用した稼ぎ方を徹底解説していきます。

まず、クラウドワークスでの稼ぎ方のポイントを紹介し、仕事を進めるうえでの注意点と初心者におすすめの仕事を解説していきます。

筆者プロフィール

パソコンで仕事する女性

筆者は、クラウドワークス歴4年のフリーランスライターです。

スキルなしの副業からクラウドワークスに登録し、稼ぎ方のポイントを分析して実践してきました。

登録したばかりのころは、月に数百円しか稼げないこともありましたが、稼ぎ方のポイントを意識することで徐々に稼げる金額が大きくなっていきました。

この記事では、筆者の体験談をもとにクラウドワークスでの稼ぎ方のポイントを紹介していきます。

【体験談】クラウドワークスは初心者でも稼げる

まずは、筆者がクラウドワークス初心者からフリーランスになった経験から稼ぐまでの体験談を紹介していきましょう。

結論からお伝えすると、クラウドワークスを利用することで、スキルなしの初心者でも月5万円以上を稼ぐことが可能です。

なぜなら、クラウドワークスには初心者でも受注できる豊富な仕事量が募集されており、スキルアップをしながら稼げるからです。

 

筆者は、クラウドワークスに登録したころ、パソコンを使ったことのない初心者でした。

そこから、ライティングという文章作成を行う仕事を中心にスキルアップしたことで副業で月5万円以上、フリーランスになってからは月20万円以上を稼ぐことができています。

クラウドワークスは、プログラミングスキルが必要な案件や専門性の高い案件の募集が多く、人気のある仕事内容です。

しかし、筆者のような初心者が難易度の高いジャンルに挑戦しても、稼ぐまでに時間がかかると判断し、まずは初心者向けの「ライティング」を中心に経験を積んでいきました。

 

初心者向けのライティング案件には、詳細なマニュアルがついていることも多く、丁寧な仕事をすることで自然とスキルをつけられる仕組みになっています。

その仕組みを利用することで、筆者のような初心者が稼ぎながらスキルアップができました。

今では、経験から学んだスキルを応用して、さらに大きな金額を稼げるように成長しています。

初心者向けの仕事で提供されるマニュアルでスキルアップする方法は、クラウドワークス初心者にもっともおすすめの稼ぎ方です。

クラウドワークスでの稼ぎ方のポイント

お金はどう増やす?

続いては、クラウドワークスで稼ぐために重要なポイントを5つ紹介します。

それぞれを詳しく解説していきましょう。

プロフィールを充実させる

クラウドワークスに登録したあと、まず意識すべき稼ぎ方のポイントはプロフィールを充実させることです。

最低でも以下のポイントは設定しておきましょう。

  • プロフィール画像設定
  • 稼働時間
  • 得意分野・ジャンル
  • 自己PR

仕事を発注するクライアントは、ワーカーのプロフィールを確認してから、仕事を発注するかどうかを判断しています。

そのため、プロフィールが空白の場合や、知りたい情報の記載がないワーカーは選ばれない可能性が高いと理解しておきましょう。

インターネット上の関係ですが、社会人として信頼してもらえるプロフィールを考えてみてください。

評価を増やす

クラウドワークスには、ワーカーがこれまでに作業した仕事の評価・実績が蓄積されていきます。

初心者が稼ぐためには、まず評価を増やすことから意識していきましょう。

クラウドワークスの評価は、星1〜5までの5段階評価で表示されます。

クライアントに満足してもらえる商品を納品することで、できる限り星4以上を維持しましょう。

 

まずは、3から5程度の実績数で星4以上の達成を目標にしてみてください。

評価を増やすことで、仕事を受注しやすくなり稼ぎやすくなっていきます。

継続案件を増やす

安定して仕事を受注できるようになったら、次に継続して仕事を発注してもらえるクライアントを増やすことが稼ぎ方のポイントです。

クラウドワークスには、単発の仕事だけではなく、毎月継続して仕事を発注してくれるクライアントも多数存在します。

継続して仕事を受注することで、スケジュール管理や報酬管理がしやすくなるというメリットがあります。

また、仕事を探す手間や新規案件の打ち合わせに発生する時間的なコストを削減できることも大きく稼ぐポイントです。

専門性を高める

続いて、仕事の専門性を高めることを意識しましょう。

継続して安定した報酬を得られるようになると安心してしまいがちですが、さらに高い報酬を稼ぐためには初心者にもできる仕事だけでは限界があります。

 

例えば、ライティングの仕事を行うのであれば、このジャンルなら誰よりも知識と経験があると言える専門分野を確立し、プロフィールにも記載しましょう。

「このジャンルならあの人にお願いしたい」と思われることで、初心者向けの報酬単価から抜け出すことができます。

「自分の代わりを見つけるのは難しい」と思われるような仕事が理想的です。

ライティングに限らず、クラウドワークスのすべての仕事で重要なポイントなので意識していきましょう。

単価交渉をする

継続して仕事をくれているクライアントや新規依頼がきたクライアントに対して単価アップの交渉を行いましょう。

仕事がなく少しでも多くの仕事を受注したい場合は別ですが、仕事のスケジュールが埋まっている場合はさらに高い単価への交渉を行うことで収入アップを目指せます。

ただし、根拠なしに単価交渉ばかりをしていると信頼を失うこともあるため、注意が必要です。

単価交渉を行う場合は、必ず納得してもらえそうな理由とセットで交渉することを心がけましょう。

クラウドワークスの注意点

お金稼ぎ

ここからは、クラウドワークスで稼ぐために注意すべきポイントを2つ紹介します。

タスク案件ばかりを続けない

クラウドワークスには、主に「タスク案件」と「プロジェクト案件」という2種類の仕事があります。

稼ぐためには、初心者が取り組みやすいタスク案件ばかり続けないことを意識しましょう。

なぜなら、タスク案件での実績はワーカーの評価として蓄積されないからです。

 

クラウドワークスでおすすめの稼ぎ方は、まずクライアントからの評価を増やして信頼できるワーカーになることです。

評価の増えないタスク案件は手軽で便利な稼ぎ方ですが、ある程度の経験を積んでからはプロジェクト案件に挑戦していきましょう。

仮払いされる前に仕事を始めない

クラウドワークスの未払い防止システム「仮払い」をされる前に仕事を始めないように注意してください。

仮払いとは、プロジェクト案件を契約した時点で、クラウドワークスがクライアントから事前に報酬を確保する機能です。

 

クラウドワークスに登録したばかりの初心者は、この仮払い機能を理解せずに言われるがまま作業を開始してしまうことがあります。

どのような理由があっても、仮払い前に作業を開始することはやめましょう。

クラウドワークスでは仮払い前に作業を開始することを禁止しています。

そのため、クライアントに仮払い前の作業を求められても断ることが可能です。

正しいルールで仕事をすることでリスクを抑えられると理解しておきましょう。

クラウドワークス初心者におすすめの仕事内容

初心者向けの仕事

それでは、クラウドワークスに登録したばかりの初心者におすすめしたい仕事を3つ紹介します。

なにからはじめれば良いのかわからないという方は、この中から気になる仕事を探してみてください。

それぞれの仕事内容とおすすめな理由を解説していきます。

Webライティング

Webライティングとは、主に文章作成を代行する仕事です。

ブログ記事の代行や、テーマに合わせて調べた内容を文章にまとめていく仕事です。

 

ライティングを初心者におすすめする理由は、文章を書くスキルがなくてもできる仕事だからです。

初心者向けに募集されているライティング案件のほとんどは、細かな部分まで解説されたマニュアル通りに執筆する仕事も多くあります。

文章のスキルはなくても、マニュアル通りに作業をするスキルを求められています。

特別なスキルはないけれど、クラウドワークスで効率の良い稼ぎ方を知りたいという方には、必ずライティングをおすすめしています。

文字起こし

文字起こしとは、音声データや動画ファイルの内容を文章にまとめていく仕事です。

セミナーの内容やYouTube動画をそのまま書き起こす内容など、幅広い仕事が募集されています。

書き起こしの方法も、聞こえるままに書いていく単純作業から、話し言葉を文章言葉に変換したうえで記事にまとめるなど、スキルが必要な内容もあります。

ライティングよりも難易度が低いため、簡単な仕事からはじめたいという初心者におすすめの仕事内容です。

 

ただし、ライティングの仕事よりも報酬が低い傾向にあるため、稼ぎにくいことがデメリットです。

文字起こしの仕事に慣れたら、ライティングの仕事に挑戦することをおすすめします。

データ入力

データ入力とは、売上や顧客情報などのデータをエクセルなどの入力してまとめる仕事です。

伝票整理やデータ集計などの単純作業が主な仕事内容ですが、募集内容によっては関数作成などのスキルを求められる仕事も募集されています。

単純作業が好きな方や、これまでにエクセルなどを利用した経験のある方はデータ入力の仕事を受注しやすいためおすすめです。

ただし、スキル不要で初心者向けに募集されている仕事は低単価で応募倍率も高くなっています。

誰にでもできる仕事内容だけでは、大きな金額を稼ぐことは難しいと理解しておきましょう。

まとめ

稼いだお金

クラウドワークスを利用して稼ぐ方法と注意点、初心者におすすめの仕事内容を徹底解説してきました。

クラウドワークスは、国内の大手クラウドソーシングサイト「ランサーズ」と並んで豊富な仕事が募集されているサイトです。

企業に勤めず個人で稼ぐことが簡単になった時代、経験を積んだりスキルアップをしたりする場所としてクラウドワークスは最適なサービスです。

「自分にできる仕事があるか不安だ」という方は、最後に紹介した初心者におすすめの仕事内容から気になる仕事を探してみてください。

(Visited 405 times, 2 visits today)
Close