Written by 6:52 AM 豆知識/その他

ママにおすすめ!ブログで収入を得る4つの方法

ブログを運営することで得られる収入は普通の労働収入と少し質が違います。時間や場所を問わずに収入を得ることが可能で労働時間以上に稼ぐことが可能です。ある程度ブログに力がついてくれば放置状態でも収益を上げ続けてくれる権利収入のような形にすることも可能です。副業としても人気のブログ運営はどのように収入が得られるのか、4つの形をご紹介していきます。



アフィリエイト収入

ブログで収入を得る王道の形がアフィリエイトです。アフィリエイトは企業が販売する商品やサービスを購入するためのページに移動するリンクを貼り、そのリンクを経由して発生した成果を元に収入が得られる方式です。成果報酬型の広告とも言います。例えばダイエットに関するブログを運営して、そのブログから酵素ドリンクの販売ページへリンクを貼り、そこから購入が起こればブログ運営者に報酬が発生するという仕組みになっています。アフィリエイトリンクを貼るにはASPというアフィリエイトで収入を得たいブロガーと広告を貼ってもらって販売を促進したい企業を仲介するサービスに登録する必要があります。ASPによって扱う広告のジャンルや数に差があり大手のA8.netなどに登録しておけば幅広いジャンルのアフィリエイト広告を扱うことが出来ます。運営するブログのジャンルに適した広告を自分で選び、そのリンクを踏ませるのがブロガーの仕事になります。大きな収入を得られる可能性がある反面、SEO対策など入念にブログを作り込んでいかないと最初の収益発生までたどり着けないというデメリットもあります。

アドセンス収入

アドセンスとはGoogleが提供するサービスのことです。Googleにアドセンス広告を貼るための申請を出して許可が下りればアドセンス広告をブログに貼ることが出来ます。アフィリエイトと違い、リンク先で購入があったかどうかは関係なく、ただ広告がクリックされた時点で報酬が発生します。アフィリエイトよりも報酬発生のハードルが低い上にGoogleの仕様で訪問者に適した広告内容に自動的に変えてくれるというメリットがあります。しかし、報酬単価は非常に低くジャンルにもよりますが1クリック1円などといった相場になっています。単純に考えれば月3万円の報酬をえるのに3万回クリックされないといけないため、かなり大きな月間PV数が必要です。



広告枠の販売

ブログに広告スペースを設け、掲載する期間によってスポンサー契約をする形の収入です。基本的には雑誌の広告掲載と同じ考え方で、ブログの場合は広告を掲載する日数やブログのPV数によって料金を交渉することになります。企業の広告を掲載するだけで収入になるので広告をクリックされたかどうかやその先で購入などのアクションに繋がったかどうかは関係ありません。しかし、アクションが少なければ契約も長くは続きませんし、そもそもスポンサー契約を結ぶ企業を見つけることのハードルが高いです。自分のブログで広告枠販売を告知するか、クラウドソーシングなどでスポンサーを募る方法があります。

サイトの売却

ブログがある程度育ってきていて月間PV数も伸びた場合はサイトの権利をすべて売却してしまうというのも一つの手段です。サイト運営の手間から解放されたい方やまとまった大きな収益を得たい方は選択肢として考えても良いでしょう。月間PV数が100万PVに迫るようなブログであれば数千万円で売却できるケースもあります。しかし、それだけ大きなPV数があれば長期的に見ればアフィリエイトでもっと大きな収入を手にすることができる可能性もあります。そのあたりの判断は難しいところです。



まとめ

ブログを収入に繋げる方法はアフィリエイトだけではありません。自分の生活スタイルや理想の暮らしをイメージして、どのような収益化の方法が適しているのか考えてみてくださいね。

<参考リンク>

・初心者向け、アフィリエイトの種類と始め方(前編)

・WEBライターでサラリーマンが月3万円稼ぐコツをご紹介!

・THE Sideline Interview002:メディアプロデューサー 佐藤潤氏(前編)

 

 

(Visited 15 times, 1 visits today)
Close