スキルも資格も無い人にオススメな3つの副業

2019.01.28
FacebookTwitterHatenaLine

本業の他に副業を行うことは、今の時代もはや当たり前の働き方になりました。これから副業を始めたいと思っても、スキルや資格を何も持っていないということがネックになっているという方も多いはずです。

しかし、スキルや資格が無くても、副業として取り組める仕事はたくさんあります。今回は、スキルも資格も無い人が安定的に稼げるオススメの副業をご紹介していきます。



オススメの3つの副業

1.クラウドソーシング
2.ブログ運営
3.ハンドメイド作品販売

これらは、資格やスキルが無い副業初心者でも、すぐに収入が得られる可能性がある副業です。それぞれの詳しい内容ややり方をご紹介していきます。

1.クラウドソーシング

ここでいうクラウドソーシングとは、企業や個人などのクライアントが、第三者に業務を委託する仕組みのことを指します。特徴としては雇用という形ではなく、それぞれが個人事業主としてクライアントと接する形になります。
クラウドソーシングで仕事を始めるには、クラウドソーシングサイトに登録する必要があります。そこに登録することで、クラウドワーカーとしての第一歩を踏み出すことになります。クラウドソーシングサイトで獲得できる仕事には、大きくわけると2種類の仕事があります。一つはプロジェクト方式の仕事で、掲示されている条件を見て、やりたい仕事があれば応募します。その応募を見たクライアントが、仕事を任せたいクラウドワーカーを選別して、仕事を任せるという形です。もう一つはコンペ方式の仕事で、例えば新規事業の名称など、募集されている条件に合ったアイディアを応募し、採用されれば即収入になるという形です。スキルや資格が何もない場合は、まずはプロジェクト方式の仕事を積み重ねていく方が効率も良いです。コンペ方式は、応募数も1,000を超えるケースが多々あり、報酬も高いですが競争率も高いので、なかなか収入に繋がりません。まずはプロジェクト方式の仕事で、ブログ記事の執筆や、商品の体験談の文章作成など、自分の経験が活かせる仕事を見つけることをお勧めします。

2.ブログ運営

ブログ運営は、自分でドメインを取得したりサーバーを契約したりして、独自のブログを立ち上げる方式と、無料ブログを使う方式があります。ブログ運営を収入に繋げる形としては、アフィリエイト収入かGoogleアドセンスでの収入が主です。
アフィリエイトは、企業が販売しているサプリメントなどの広告をブログに貼り付け、そこから購入があった場合に決まった金額が報酬として支払われる形態です。Googleアドセンスは、アドセンス広告をブログに貼り付け、クリックされるごとに報酬が発生する形態です。
独自のブログを立ち上げる場合は、SEO対策など専門的な知識も必要で、初期はあまり収入には繋がりません。しかし、ひとたび検索で上位表示されるようになれば、月に何十万何百万と報酬が発生する可能性を秘めています。難しい設定や知識を必要とせず、今すぐにブログを開設したい場合は無料ブログを利用しましょう。しかし、無料ブログの場合、急なサービス変更やアカウントの凍結などによって、ブログ運営が突然ストップしてしまう可能性もあります。

3.ハンドメイド作品販売

自分で装飾品やアクセサリーなどを作って、販売サイトなどを通じて出品することで収入に繋げるやり方です。ハンドメイド作品販売は、現在市場が拡大しています。個人が簡単に出品でき、ハンドメイド作品を専門的に扱う販売サイトも登場していますし、フリマアプリを利用することも可能です。
出品しても売れなければ、材料費や製作時間などが無駄になってしまうというリスクはありますが、出品する金額を自分で決められるので利益率を調節することができます。自分のペースで制作して出品することができるので、期日を気にせずゆったり仕事がしたい方に向いています。



まとめ

副業として外に出てアルバイトをするのも良いですが、パソコンがあれば出来る副業など、場所に縛られない仕事を見つけられると生活スタイルにゆとりが出ます。副業を頑張りすぎて本業に悪影響が出るのは本末転倒ですが、どちらもしっかり両立できる副業を見つけてみてくださいね。

 

 

<参考リンク>
Sideline Interview001:Eigtmedia Shino氏(前編)~フリーランスとして独自メディア・PRコンサル・専業主婦を行うパラレルライフの紹介~

副業に向いているのはどんな人?その特徴について

副業を始める時に重要な4つのポイント


FacebookTwitterHatenaLine

おすすめ記事

無料メールマガジン登録

THE SIDELINEメールマガジンは無料でご登録いただけます。ビジネスに関する最新情報を不定期でお届けしております。