2021.09.30

コラム

初心者が「Webライティング」で稼ぐ方法は?副業の始め方・稼ぎ方・上達方法

webライティング初心者

Webライティング副業を考えていて、「初心者でも稼げるのか知りたい」「始め方や上達方法を教えて」と疑問を持つ方は多いのではないでしょうか?テーマやジャンルを選ばず多くの案件に応募したり、フレームワークを活用したりすれば、初心者でもWebライティング副業で稼ぐことは可能です。

ここでは、初心者がWebライティング副業で稼ぐ方法や始め方、上達方法などについて解説します。

筆者のプロフィール

筆者は、福岡在住でWebライティングなどの副業をしているものです。クラウドソーシングを活用して、金融や不動産、教育関連など、様々なジャンルの記事を担当しており、毎月10万〜15万円ほどの副収入を得ています。

この記事では、筆者の副業経験も踏まえたリアルな内容を解説します。

Webライティングとは

Webライティングとは

Webライティングとは、Webサイトなどの記事を作成する仕事です。ネット広告やコラム記事、ECサイトの商品説明文など、さまざまな文章を執筆します。執筆する商品やサービスの知識に加え、SEOなどの知識も求められます。

Webライティングで副業するメリット

Webライティングで副業するメリット

Webライティングで副業するメリットは、時間や場所に縛られないことです。好きな時間に好きな場所でWebライティングができます。通勤時間や待ち時間などのスキマ時間を活用して仕事をすることも可能です。

また、Webライティングの知識やスキルは、将来の転職や独立にも役立つでしょう。ここでは、Webライティングで副業するメリットについて紹介します。

好きな時間・好きな場所で仕事ができる

Webライティングで副業するメリットは、好きな時間・好きな場所で仕事ができることです。Webライティングの仕事は、クライアントの意向に沿ってWebサイトの記事を作成するものです。パソコンやスマホ、インターネット環境があれば記事作成ができるため、カフェや図書館、自宅など、どこででも仕事ができます。

また、「◯時〜◯時」など就業時間は決まっていないため、好きな時間に仕事が可能です。朝方や夜中に仕事をすることもできます。好きな時間・好きな場所で仕事ができるのは、Webライティングで副業をするメリットです。

スキマ時間を活用できる

スキマ時間を活用できるのも、Webライティングで副業するメリットです。Webライティングは、ノートパソコンやスマホ、タブレットを使って仕事ができます。そのため、電車やバスの通勤時間、本業の休憩時間、人の待ち時間など、スキマ時間を使ってWebライティングが可能です。

10分あれば200〜300文字執筆ができます。Webライティングの仕事はスキマ時間を活用できるため、効率良く副収入を得ることができます。

転職や独立に役立つ

Webライティングで副業するメリットが、転職や独立に役立つことです。Webサイトの質の向上が商品やサービスの売り上げに大きく影響するため、経験と実績を持つWebライターを求める企業ニーズは高まっています。

また、Webライティングのスキルやノウハウを有していれば、フリーランスライターとして独立も可能です。現在は、企業から直接仕事を請け負うだけでなく、クラウドソーシングを活用して仕事を探すことができます。

Webライティングの副業をして知識やスキルを得ることで、将来の転職や独立にも役立ちます。

Webライティングの始め方

Webライティングの始め方

Webライティングの始め方には、クラウドソーシングを利用する方法と企業に直接営業する方法があります。クラウドソーシングは案件が豊富で初心者もチャレンジしやすいのが特徴です。

一方、企業に営業する場合は、直接請負となり報酬が高い可能性があります。ここでは、Webライティングの始め方についてお伝えしていきましょう。

クラウドソーシングを利用する

Webライティングは、クラウドソーシングを利用して始められます。クラウドソーシングとは、企業や個人がインターネット上で不特定多数の人に仕事の依頼・発注などができる形態です。代表的なクラウドソーシングサイトには、クラウドワークスやランサーズがあります。

クラウドソーシングサイトへの登録は無料で、さまざまな企業や個人が募集するWebライティングの仕事に応募が可能です。クラウドソーシングサイトの手数料がかかるため、企業から直接請け負うより報酬は少ない傾向にありますが、案件が豊富で比較的スピーディーに仕事を見つけられることが魅力です。

初心者向けの案件も揃っています。Webライティング初心者の場合は、まずはクラウドソーシングを利用して始めることをおすすめします。

企業に営業する

企業に営業してWebライティングを始める方法もあります。

Webサイトの質を向上させ、サイト経由で商品やサービスへの流入を増やしたいと考える企業は多いです。経歴や自己紹介、Webライティングの過去実績などを企業にメールしたり、資料を持って訪問したりして営業を行います。

自社でWebサイトを運営している企業は、Webライターニーズが高いです。そのような企業をピックアップして、営業をすることで仕事を得られる可能性があります。

企業から仕事を直接請け負う場合は、クラウドソーシングのように手数料がかからないため、報酬は高い傾向があります。ただし、ある程度実績があるWebライターでないと、直接仕事をもらうことは難しいです。

初心者がWebライティング副業で稼ぐ方法

初心者がWebライティング副業で稼ぐ方法

初心者がWebライティング副業で稼ぐには、テーマやジャンルを選ばず多くの案件に応募することが大切です。効率良く仕事を探すためにも、単価の高い案件には実績を作って応募するようにしましょう。

また、フレームワークを活用することで、わかりやすい文章構成を作ることが可能です。ここでは、初心者がWebライティング副業で稼ぐ方法について見ていきましょう。

テーマ・ジャンルを選ばない

初心者がWebライティング副業で稼ぎたい場合は、テーマやジャンルを選ばないようにしましょう。最初からテーマ・ジャンルを選んでしまうと仕事の選択肢が狭くなります。まずはテーマやジャンルにこだわらず、実績を作ることが大切です。

「不動産業界で働いているので不動産関連の記事だけ担当したい」「投資の知識があるので投資の記事だけ執筆したい」など得意ジャンル・テーマがあったとしても、初心者の頃は固執するべきではありません。実績がない頃は、どれだけ希望しても契約に結びつかないことが多いです。多くの実績ができれば、好きなだけ得意ジャンル・テーマを選べるようになります。

また、さまざまなテーマ・ジャンルの記事を執筆することで、幅広い知識が身につき、知見が広がります。初心者がWebライティング副業で稼ぐには、テーマ・ジャンルを選ばずに取り組むことが大切です。

多くの案件に応募する

多くの案件に応募することは、初心者がWebライティング副業で稼ぐために大切なことです。Webライティングを始めたばかりの頃は、クラウドソーシングの案件に応募したり、企業に営業をしたりしても、簡単には仕事をもらえません。10件応募して1件も受託できないこともあります。

「1件応募したので結果が出るまで待とう」と、1件ずつ応募していては、1〜2ヶ月受託できない場合もあります。多くの案件に応募すれば、1〜2件は受託することが可能です。初心者の頃は簡単には受託できないため、稼ぎたい場合はできるだけ多くの案件に応募しましょう。

実績を作ってから単価の高い仕事に応募する

単価の高い案件には、実績を作ってから応募するようにしましょう。実績がないと、単価の高い案件に応募をしても受託できることはほとんどないからです。受託できないのに応募を続けていても、時間がもったいないです。

一般的に、単価の高い案件は難易度も高くなります。企業側としても報酬の低い案件よりコストが増えるため、確かな実績があるライターでないと依頼しません。実績がないのに応募をしても、成果にはつながりにくいので、単価の低い案件に絞って仕事探しをしたほうが効率的です。

単価の高い仕事に憧れるのはわかりますが、実績を作ってから応募するようにしてください。

フレームワークを使って文章を作成する

初心者がWebライティング副業で稼ぐために、フレームワークを上手く利用しましょう。フレームワークを利用することで、わかりやすい文章構成にできるからです。記事の質が上がるため、クライアントからの評価も高くなります。

フレームワークとは枠組みや構造のことです。初心者が押さえておきたいライティングのフレームワークは「PREP法」と「SDS法」の2つになります。

PREP法は「1.Point(結論) 2.Reason(理由) 3.Example(実例・具体例) 4.Point(結論)」で構成するもので、結論で文章の始まりと終わりを挟みます。SDS法は「1.Summary(要点) 2.Details(詳細) 3.Summary(要点)」の構成で、こちらも要点で文章の中身(詳細)を挟むのが特徴です。

このようなフレームワークを使うことで、わかりやすい文章を作成することが可能です。

初心者がWebライティングを始める際の注意点

初心者がWebライティングを始める際の注意点

初心者がWebライティングを始める際は、最初のうちは報酬が低いので注意してください。

また、クライアントからの信頼を失わないように、納期は必ず守りましょう。クライアントから連絡があれば、すぐに返信することも大切です。

ここでは、初心者がWebライティングを始める際の注意点について見ていきましょう。

最初の頃は報酬が低い

Webライティングの仕事はスキルや実績とともに報酬が上がっていきます。よって、仕事を始めたばかりの頃はスキルや実績が乏しいため、報酬は少なめです。

クラウドソーシングであれば、初心者向けの仕事は文字単価0.5円以下のケースも多いです。初心者がWebライティングを始める場合は、最初のうちは報酬が低いので注意してください。

納期に遅れない

初心者に限った話ではありませんが、納期に遅れないことが大切です。納期に遅れてしまうと、クライアントからの信頼を失います。

体調不良など致し方ない理由の場合もありますが、基本的には納期に遅れることはNGです。遅くても納期の1日前までには納品できるようにスケジュールを組みましょう。

納期に間に合わないとわかっている場合は、仕事を断る勇気も必要です。納期に遅れることは、Webライター、クライアントどちらにとっても良いことではありません。

クライアントへの返信はすぐに行う

クライアントから連絡があった場合は、すぐに返信をしましょう。返信が遅いと「仕事が遅い人」と思われる可能性があるからです。

重要な連絡であれば、返信が遅いことでクライアントに迷惑をかけることになります。返信が早くて損することはありません。

どんなに遅くても、連絡をもらって24時間以内には必ず返信を行いましょう。クライアントからの連絡は、スマホでも確認できるようにしておいてください。

Webライティング初心者におすすめの上達法

Webライティング初心者におすすめの上達法

本やブログ・サイトを読むことで、Webライティングの知識やノウハウが身につきます。また、フレームワークを学ぶことも大切です。

上達したい場合は、書いた文章を家族や友人に見せて率直な意見をもらいましょう。ここでは、Webライティング初心者におすすめの上達法について紹介します。

Webライティングの本で勉強する

Webライティング初心者のおすすめの上達法が、本で勉強することです。Webライティングに関する本は、初心者〜上級者向けまで数多く販売されています。

本には、Webライティングスキルを上達させるための考え方やフレームワークなどが載っており、わかりやすく解説してくれます。例文もあるので、すぐに実践に使うことが可能です。

Webライティングの本は1冊1,000円〜1,500円程度しますが、多くの知識やノウハウを吸収できます。2〜3冊は読んで勉強することをおすすめします。

数多くのブログやサイトを読む

数多くのブログやサイトを読むのも、Webライティング初心者におすすめの上達法です。多くの記事を読むことで、わかりやすい構成やおもしろい書き方、上手な文章がわかるようになります。

「◯◯のブログのような書き方をしてみよう」「▲▲サイトの記事と同じような構成にしてみよう」など、たくさんの記事に触れることで自分の引き出しが増えていきます。これまでとは違った見方でブログやサイトを読むことで、多くのノウハウを得ることが可能です。

フレームワークを学ぶ

PREP法(結論→理由→事例・具体例→結論)やSDS法(要点→詳細→要点)をはじめとしたフレームワークを学ぶことはWebライティングの上達につながります。フレームワークを学ぶことで、いくつもの文章構成パターンを把握できます。

構成パターンをいくつも知っていることで、クライアントの意向に沿いながらわかりやすい文章の作成が可能です。フレームワークはWebサイトや本を使って学習できます。

書いた文章を家族や友人に見てもらう

自分が書いた文章を家族や友人に見せることも、Webライティング上達法の1つです。家族や友人に見せることで、記事を読んだ人の反応がわかります。

「何が言いたいのかわからない」「解説がまわりくどい」などの意見をもらうことで、文章の改善ポイントがわかります。恥ずかしい気持ちはありますが、家族や友人に見てもらい率直な意見をもらいましょう。

まとめ

初心者がWebライティング副業で稼ぐ方法や始め方、上達方法などについて解説しました。Webライティングは好きな時間・好きな場所で仕事ができるので、副業におすすめです。

最初の頃は、報酬は低いですが、スキルや実績とともに高くなっていきます。Webライティング副業を考えている方は、本やブログ・サイトなどで勉強をして、早速副業を始めてみてください。

preview

PREV

【2021】在宅で「月5万円」稼げる副業は?初心者におすすめの4つの仕事

BACK TO LIST

NEXT

next

【2021】クラウドワークスは大学生になぜおすすめ?メリット&デメリットと注意点