Written by 5:01 PM 企業紹介・仕事紹介

プログラミング講師で副業・複業する方法

プログラミング講師とは?

プログラミング言語を使ったシステム開発などの指導をする仕事です。プログラミングには、Web系やモバイルアプリ系など、様々な種類がありますが、少なくとも一つの言語については深い知識が必要です。一般的には、まずプログラミングの基礎的な仕組みの説明から始まり、コードの書き方や、それを応用したシステム開発までの内容を講義していきます。

また小学校では新学習指導要領の導入により、2020年度からプログラミング教育が必修となる予定です。そのため最近では子供向けのプログラミング教室も多く開講されています。子供向けの場合は、大人向けの実践的な内容とは異なり、プログラミングをする上での考え方の指導がメインとなります。場合によっては比較的、専門知識を必要としない仕事もあるでしょう。ただし、子供たちを飽きさせないように、ゲーム感覚で教えたり、達成感を味わせるなど、教育上のスキルが重要となってきます。



 

プログラミング講師の働き方

プログラミング講師には様々な働き方があります。就業形態としては、就職して正社員やアルバイトとして働く方法の他に、副業として講師の仕事を受注する方法もあります。

また、働き方として、プログラミング教室で教鞭を取る働き方や、1対1の対面で指導するやり方、時間や場所も自由なオンラインで講師を務める方法など、様々な形態があります。



 

プログラミング講師の収入は?

一般的なエンジニアに比べ低い傾向にあると言われています。その理由は、プログラミング教室を開催するための教室の維持費用や広告費などのコストがかかるためです。具体的な収入は地域やプログラミング教室によって大きく異なりますが、年収で300万円から高くても600万円程度のようです。

また、アルバイトや業務委託などの業務形態の場合、時給で2,000円〜3,000円くらいが相場とです。



 

プログラミング講師になる方法

プログラミング講師になるために特別な資格や免許は不要です。しかし、「HTML」や「Java」、「PHP」など、いずれかのプログラミング言語に精通していなければなりません。特に1対1の個別指導を行う場合は、受講生の作りたいシステムを開発しながら指導することもありますので、高い知識とスキルが求められます。

なお、資格は不要と言っても、プログラミング講師になるために持っていた方が良い資格はあります。資格には大きく分けて、「国家資格」と、ベンダーが自社製品の操作・管理技術を認証する「ベンダー資格」の2種類があります。

1.国家資格

・応用情報技術者試験

・ネットワークスペシャリスト

・データベーススペシャリスト など

これらの資格を持っていることで、プログラミング講師の仕事探しの際にアピールすることができます。

 

2.ベンダー資格

・オラクルマスター など

ベンダー資格としては、データベースシステムのベンダーとして有名なオラクル社のオラクルマスターがあります。オラクルマスターには、Bronze、Silver、Gold、Platinumと4つのレベルがあります。プログラミング講師であれば、Bronzeで問題ないでしょう。

 

プログラミング講師になるためには、講師の採用情報を見つける必要があります。まずは、グーグルなどの検索エンジンで「プログラミング講師 募集」などのキーワードで検索してみましょう。多くの採用ページが見つかるはずです。また、dodaやマイナビエージェント、リクナビなどの転職サイトで探しても良いでしょう。気に入った仕事が見つからなければ、転職サイトに登録して、最新の採用情報を掴めるようにしておいてください。



 

まとめ

日本の人口減少が始まり労働力不足が叫ばれている昨今、エンジニアも不足しています。また、小学校では2020年度から、中学校では2021年度から、高校では2022年度から、それぞれプログラミング教育が必修となります。そのためプログラミング講師の需要は、今後ますます高まると予想されます。

 

一口にプログラミング講師と言っても、プロのエンジニアを相手に高度で専門的な技術を教える教育コースから、子供たちや一般の方の趣味レベルのプログラミングを教えるコースまで、そのレベルや内容は多種多様です。

 

自分が講師を勤めた場合にその特徴が専門性の高さなのか、分かりやすい教え方なのか、自分の強みを把握しておくことが重要です。その強みを活かせる仕事を探すと良いでしょう。


(Visited 91 times, 1 visits today)
Close