Written by 3:25 PM コラム

【体験談】在宅でできるおすすめの副業は?在宅で可能な副業一覧

「本業の他に副業したいけど、自宅でできる仕事はあるかな?」と探している方のために、在宅でもできるおすすめの副業について解説していきます。

その前に、在宅での副業選びに失敗しないよう、どのようなポイントに気をつけて仕事を選べば良いのかをお伝えしてます。ポイントを理解することで、おすすめの副業の中から自分に合ったものを選べるようになります。

筆者プロフィール

副業から始め、今では月収30万円を稼ぐフリーランスのWebライターです。

会社員をしていた頃の副収入は5万円程度でしたが、副業の時給が5,000円程度で稼げるようになったため、独立して専業のWebライターになりました。

この記事では私が会社員で副業していた頃の経験を踏まえ、副業選びのポイントや在宅でできるおすすめの副業について解説していきます。

副業を選ぶときのポイント

副業で稼いだお金

副業は何でも良いわけではなく、自分に合った副業を選ぶポイントがあります。

本業の妨げにならないようにしつつ、しっかり稼げなければ意味がないからです。

この項目では、在宅での副業を選ぶときに重要な3つのポイントを解説していきます。

「副業のせいで本業がおろそかになってクビになった」といった最悪の事態にならないよう、ポイントを押さえた副業選びをしましょう。

短時間で稼げるか

在宅での副業選びで重要なのが、「短時間で稼げるか」です。

副業したい方は本業の仕事に多くの時間を取られてしまうため、副業に割ける時間は短くなってしまいます。

短い時間でも効率良く稼げなければ、副業する意味がないと言えるでしょう。

 

例えば、在宅での副業におすすめされることが多いWebライティングですが、全員にとって稼げる副業とは限りません。

文章を書くのが好きな人や得意な人は効率良く稼ぐことができますが、文章を書くのが苦痛で仕方がなく、執筆スピードが遅い人は仕事効率が悪く、短時間では稼げず副業する意味が無くなってしまいます。

 

よって、在宅での副業を選ぶときは、短時間で効率よく稼げる仕事を選ぶべきです。

やろうとしている副業は、自分がやったら時給はどれくらいになるのか、その時給で良いのかをよく検討しましょう。

得意なことを活かせるか

在宅での仕事で稼いでいる人に共通する特徴は、自分の得意なことが活かせている点です。

副業は自主的に取り組むもので、得意なことや好きなことでないと続かないからです。

 

例えば、イラストレーターを目指していたものの挫折し、他の職種のサラリーマンとして勤務している場合などです。

本業では我慢やストレスがあるかもしれませんが、副業でイラストを描いて稼ぐことができれば報われます。

続けていれば単価も上がり、イラストレーターとして独立できる可能性もあります。

 

副業は誰かに命令されてやるものではないため、自分がやりたいと思える仕事をするべきです。

やりたい仕事であれば取り組んでいるうちに自然とスキルアップするので、副業で稼げるようになり、副業から本業に変わることもあります。

本業の規約に違反しないか

必ず確認しておくべきなのが、本業の規約や労使契約において「副業の禁止」がされていないことです。

公務員のように副業が禁止されている職業もあるので、規約に触れていないか確認しましょう。

本業の規約で副業が可とされている場合でも、同業他社の社員の掛け持ちは禁止など例外のルールが定められていることもあります。

自社のノウハウや機密情報が他社へ流出することを防ぐための規約です。

 

先ほど副業選びのポイントの一つに「得意なことを活かす」と述べましたが、同業他社を掛け持ちして本業の会社に損害を与えるようなことはしてはいけません。

労使契約の中で副業の規約とは別に定められていると思いますので、よく確認してください。

在宅でできるおすすめ副業一覧

外出せず在宅でできるおすすめの副業を紹介していきます。始めに、副業の種類ごとに簡単さと稼げる度を表にしたので、ご覧ください。

簡単さ 稼げる度
アンケート 簡単
データ入力 簡単
Webライティング
動画編集
イラスト・ロゴ制作
翻訳 中~高
せどり・転売 中~高
ハンドメイド作品の販売
ブログ・YouTube
投資

基本的には、簡単なのに稼げる仕事を狙うのがおすすめです。

とはいえ、簡単・稼げるとされる副業でも、自分は苦手だからとても難しく感じる、ということもあります。

それぞれの副業について詳しく解説していくので、ご自身に合った副業を選びましょう。

アンケート

アンケートへの回答

在宅でできる副業の中で最も簡単なのが、アンケートへの回答です。

ポイントサイトやアンケートサイトに登録し、配信されるアンケートに回答することで、謝礼をもらうことができます。

稼げる金額は少なく、1つのアンケートに回答しても1円~5円程度が一般的ですが、簡単さという点で群を抜いています。

スマホがあればアンケートに回答できるので、布団から出なくても稼ぐことができます。

 

アンケートは誰でも簡単にでき、スマホ1つあればできる点で、在宅での副業におすすめです。

ただし月収1,000円程度の収入となるため、副業で稼ぎたいならアンケート以外の副業も並行すると良いでしょう。

また、外出が可能なら、数時間で1万円前後の報酬がもらえる座談会に参加するのもおすすめです。

データ入力

データ入力とは、手書きのメモや写真などの画像に含まれる数字や文字列を、パソコンやスマホを使って入力してデータ化する仕事です。

アンケートに次いで非常に簡単な作業であり、副業未経験の方でも取り組みやすいです。

 

データ入力は単純作業で簡単なことに加え、自分が好きな時間に仕事をすれば良いメリットがあります。

本業がある方は在宅で仕事ができる時間が限られていますが、在宅でできるデータ入力は大量に募集があり、空き時間に作業することができます。

ただし、データ入力も時給は高くなく、在宅の場合は高くても時給1,000円程度が目安となります。

タイピングの速さに自信がある方など、効率よく作業できる人にはおすすめです。

Webライティング

Webライティングは、ネット上に公開する記事を制作する仕事です。

クライアントから依頼されたキーワードについて、そのキーワードで検索した人はどのような情報を知りたいのかを考えながら、検索されて読まれる記事を制作します。

Webライティングは、取材が必要な仕事を除き、基本的には在宅で完結します。

わからないことがあればネットで調べるので、図書館に行くこともあまりありません。

 

Webライティングがおすすめなのは、文章を書くのが得意な方や苦にならない方です。

文章が得意なら、初心者でも時給1000円程度は稼げますし、スキルアップすれば時給5000円程度も可能です。Webライティング自体は難しくないので、簡単なのに稼げるようになる副業と言えます。

本業がある方は、短時間で効率よく稼がなければなりません。Webライティングは在宅で完結し、スキル次第で時給も高められるのでおすすめです。

動画編集

動画編集

動画編集は、YouTubeにアップする動画を投稿者の代わりに編集する仕事です。

動画の無駄な部分をカットしたり、テロップやBGMを入れたりするのが主な作業です。

動画編集は自分が撮影に関わるわけではないため、在宅で完結する仕事です。

撮影された動画がクライアントから送られてくるので、自宅で編集すれば良いからです。

 

報酬は1本5000円以上に設定されていることが多く、編集ノウハウが身についている方であれば、時給2,500円以上も実現できます。

短時間で稼げるので、在宅での副業におすすめです。

イラスト・ロゴ制作

絵を描くスキルがある方の副業には、イラストやロゴの制作がおすすめです。

会社に所属せず、フリーのイラストレーターとして仕事を受注すれば、在宅で作業ができます。

募集される仕事の例としては、次のような絵があります。

  • 会社のロゴ
  • 広告に使うイラスト
  • 本や雑誌の挿絵
  • ゲームのキャラクター
  • 機械の取扱説明書で使われる図

求められる絵のテイストが仕事によって異なるので、自分の得意なテイストと似ている仕事を受注すると、効率良く稼ぐことができます。

報酬は求められる絵の難易度や修正回数によって大きく異なり、1枚数千円から数万円です。

初心者の場合、時給に換算すると1,000円前後になるのが一般的でしょう。

 

なお、イラストやロゴ制作にはAdobeなどの有料ソフトが必要になる場合が多いです。

在宅での副業だと、有料ソフトのライセンス料を負担するのは自分になってしまいます。

副業でイラストレーターをやりたい人は、有料ソフトのコストを上回る稼ぎを出さなければ儲からないことに注意しましょう。

翻訳

外国語が得意な方には、翻訳の副業がおすすめです。

日本語から外国語、外国語から日本語の両方の仕事があり、在宅でも仕事ができます。

特に、英語以外の言語が得意な人に翻訳の副業がおすすめです。

英語以外を使いこなせる人は日本人では少なく、ライバルが少なくて仕事を受注しやすいからです。

特殊なスキルということで、英語の翻訳よりも高い報酬を狙うこともできます。

 

反対に、英語の翻訳を副業にしようとしている方は苦しいかもしれません。

英語の翻訳ができる人は大勢いて、仕事の獲得競争が激しいからです。

英語以外に強みがない方は、他の在宅ワークの方が効率よく稼げる可能性があります。

せどり・転売

せどり・転売

せどり(転売)とは、商品を安く仕入れて高く売るビジネスです。Amazon、楽天市場、メルカリなどで商品を安く仕入れ、利益を上乗せした金額で転売します。

せどりにおいて注意しなければならないのが、利益を得るために中古品の仕入れや販売を行うには「古物商許可証」が必要になることです。中古品の売買を考えている方は、必ず免許を取得してから行いましょう。

ただし、せどりは上述した副業と違って、頑張りが報われるとは限りません。仕入れた商品が売れず在庫として残るリスクもあり、商売のセンスが問われる副業です。

ハンドメイド作品の販売

アクセサリーなどハンドメイド作品を作るのが趣味の方は、それを副業にすることができます。

minneなどハンドメイド作品を販売できるアプリやサイトを使えば、フリマのように自分の作品を販売できます。

この副業がおすすめなのは、既に作品作りが趣味になっている方です。

未経験の方がこれから始めるには難易度が高いので、経験者向けです。

また、作った作品が確実に売れると保証されているわけではありません。

趣味として楽しむことが優先で、もし売れたらラッキー、と構えられる人にはおすすめです。

ブログ・YouTube

ブログやYouTubeを運営して広告収入を得る副業もあります。

内容が料理やメイクといった自宅でできるジャンルであれば、在宅で完結します。

ただし、広告がつくかどうか、広告がついても見てくれる人がいるかどうかによって、収益が大きく変わってきます。

著名なYouTuberのように1日で何万回も閲覧されれば生計を立てられるようになりますが、多くの人はそこまで行けず、月収0円~1万円程度が一般的です。

頑張りが報われるとは限らないので、すぐに稼ぎたいならWebライティングや動画編集の副業の方がおすすめです。

投資

FXや仮想通貨などへの投資を副業にすることもできます。人によって投資スタイルはさまざまですが、在宅での副業として一般的なのはデイトレードです。

FXや仮想通貨のように世界中で取引されている投資対象は、副業のトレーダーに向いています。

取引が活発でやりやすいのが平日の夜22時から0時頃なので、本業の後に取り組みやすいからです。

この時間帯はヨーロッパとアメリカで日中の時間帯となり、値動きが安定しやすいのです。

 

ただし、投資をするには元手が必要となります。

また、必ず儲かると保証されているものではなく、運用に失敗してお金が減ってしまう可能性もあります。

頑張っても損をすることがあるため、頑張りを確実にお金に変えたいなら、Webライティングなど報酬が確定している仕事がおすすめです。

在宅の副業の仕事を探すにはクラウドソーシングがおすすめ

パソコンで仕事する女性

Webライティングや動画編集、データ入力などの副業をしたいなら、クラウドソーシングがおすすめです。

クラウドソーシングとは、仕事を発注したい企業と仕事を受注したい個人をインターネット上で結びつけるサービスです。

クラウドソーシングのサイト上には多数の企業がWebライティングなどの仕事を発注しているからです。

ほとんどが在宅でできる仕事なので、在宅での副業をしたい人にピッタリです。

 

国内大手のクラウドソーシングといえば、「クラウドワークス」と「ランサーズ」です。

どちらも大勢の発注者や受注者が使っており、仕事の募集が活発に行われています。

在宅での副業を始めたいなら、まずはクラウドワークスとランサーズに登録すると良いでしょう。

まとめ

在宅での副業を選ぶためのポイントや、おすすめの副業について解説してきました。

副業は限られた時間しかできないので、自分が得意なことを活かし、短時間で高い成果を出せる仕事を選びましょう。

紹介したように在宅でできる仕事はたくさんあるので、興味のあるものにチャレンジしていただければと思います。

(Visited 361 times, 1 visits today)
Close