Written by 2:47 PM コラム

【体験談】Webライター未経験でも在宅で稼げる?収入アップするための方法とは?

在宅ワークで人気が高まっているのが、Webライターです。

ライティング未経験の方や、本業のかたわらで副業をしたい方でも始めることができ、初心者のうちから稼げるのがWebライターの魅力です。

この記事では、未経験の方は月収どれくらい稼げるのか、高収入を目指すにはどうしたら良いのかを解説していきます。

時給5,000円も可能な仕事なので、在宅で稼ぎたい人は必見です!

筆者プロフィール

月収30万円を稼ぐフリーランスのWebライターです。

現在は時給5,000円ほどで仕事を請け負い、ワークライフバランスの取れた生活をしています。

サラリーマンの頃、在宅での副業をするために未経験でWebライターを始めたところ、本業よりも高い時給で稼げるようになったためWebライターとして独立しました。

この記事では、未経験からWebライターを始めた筆者が、目安の月収や稼げるようになる方法について解説します。

Webライターとは?

Webライター

Webライターとは、ウェブサイトに掲載する文章を書く職業のことです。

文章のジャンルは商品やサービスの紹介や比較、ニュース、インタビューなど多岐にわたります。

仕事の流れとしては、クライアントから「〇〇について3,000文字程度で記事を書いてください」と指示されるので、指示に合った記事を執筆して納品します。

記事に掲載する画像の添付や、文字にハイライトをつけたりする作業も、執筆と同時に請け負うことがあります。

在宅Webライターは未経験でも稼げる?

未経験在宅Webライター

一部の取材案件を除き、Webライターの仕事は在宅で完結するものがほとんどです。

不明点があればネットで調べたりクライアントに問い合わせしたりすれば解決するため、図書館に調べものに行く手間もかかりません。

このような特徴があるため、Webライターを始めるのにライティングの経験は問われません。

未経験でもいきなり仕事をして稼ぐことができるため、在宅ワークや副業を探している方におすすめです。

しかし、未経験のWebライターだと最初から高収入を稼ぐのは難しいです。

目安となる単価や月収、稼ぐための方法について解説していきましょう。

未経験のWebライターの単価・月収

Webライティングの単価は、「1文字〇円」と決まることが多いです。

未経験のWebライターだと1文字0.2円~0.5円ほどです。

1文字1円の仕事を継続して受注できるようになると、独立も視野に入ってきます。

 

1時間で1,000文字書けるWebライターの場合、1文字0.5円の仕事を受注すると時給500円となります。

仮に土日に5時間ずつ作業し、1ヶ月あたり10日間作業できるとすると、月収は2万5,000円になります。

未経験でWebライターを始めた頃、筆者も月収3万円ほどだったため、妥当な仮定だと言えるでしょう。

時給500円だと少なく感じられますが、未経験でもいきなりこれくらいの報酬は得られます。

また、在宅ワークで出勤が不要で、自分が好きなときに作業ができるため、アルバイトなどと比べて負担が少ないメリットも大きいです。

稼ぐためには努力が必要

Webライター未経験の方は時給が低い状態からのスタートとなりますが、努力しだいで稼げるようになっていきます。

1文字あたりの単価が固定されているので、タイピングのスピードアップは必須です。

1時間で書ける文字の量が多くなるほど、時給がアップします。

また、品質の高い記事を書くための知識やスキルを身につけることで、文字単価の高い仕事を受注できるようになります。

未経験Webライターの方は、稼いでいるWebライターなら当たり前の基礎知識を身につけ、稼げるWebライターに成長していきましょう。

未経験でも稼げるWebライターになるための基礎知識

Webライティングしている人

未経験Webライターを脱し、稼げるようになるためには、次の基礎知識が必須です。

  • PREP法
  • SEO対策
  • WordPress(ワードプレス)の操作

これらの知識を身につけていないと、高単価なWebライティングの仕事に応募しても、採用されることはほとんどないでしょう。

簡単な基礎知識を押さえておくだけでも採用される確率が上がるため、未経験の方のために何を身につければ良いのか詳しく解説していきます。

PREP法

PREP法とは、論理的な文章を構成する方法の一つです。それぞれの頭文字が表すのは次のとおりです。

  • P:Point(結論)
  • R:Reason(理由)
  • E:Example(具体例)
  • P:Point(結論)

すなわち、「結論→理由→具体例→結論」の順番で文章を構成すると、論理的で伝わりやすい文章になるという方法です。

Webライター未経験の方はPREP法が身についておらず、何が言いたいのかわかりにくい文章を書きがちです。

筆者もPREP法を身につけてからクライアントから高い評価をいただくことが増え、他の在宅での記事執筆の依頼をしてもらえるようになりました。

Webライター未経験の方は、PREP法を身につけることを強くおすすめします。

SEO対策

SEO対策とは、GoogleやYahoo!などの検索エンジンで検索されたとき、記事が上の方(上位)に表示されるように工夫をすることです。

具体的には、適切な頻度でキーワードを散りばめたり、関連する記事をリンクして訪問者が長く滞在できるような仕組みを作ったりすることです。

Webライターはインターネット上で読まれる記事を書くことが仕事なので、記事執筆時にできるSEO対策もしなければなりません。

検索結果に記事を上位表示できるWebライターには依頼したいクライアントが殺到するため、単価の高い仕事を受注することができます。

未経験のWebライターの方でSEO対策の重要性がわかっていない方は、検索で上位表示できない記事を執筆しがちです。

SEO対策ができないWebライターが単価を上げるのは不可能なので、SEO対策の基礎知識を勉強して、在宅で稼げるWebライターになりましょう。

WordPress(ワードプレス)の操作

WordPress(ワードプレス)はコンテンツ管理システムの一つで、Webライターにとっては記事を制作して保存するエディタのようなシステムです。

WordPressの操作ができることを発注の条件にしているクライアントもいるので、基礎的な操作は身につけておきましょう。

とはいっても、難しいことはありません。

エディタで記事を作成し、見出しを設定したり画像を挿入したりするだけです。

はてなブログやアメブロなどのブログサービスと同じように使うことができます。

WordPressを使ったことがない未経験Webライターの方は、アカウントを作って記事執筆の画面を少し触ってみましょう。

WordPress自体は無料で使うことができます。

Webライターが稼ぐためのステップ

ステップアップ

未経験の在宅Webライターが稼げるようになるためには、単価の高い仕事を受注しなければなりません。

高単価な仕事はWebライターの経験を積んだ人が受注しているため、未経験の方は早く実績を積んで経験者になりましょう。

この項目では、未経験のWebライターが稼げるようになるためのステップを解説します。

筆者も未経験でWebライターを始め、次のようなステップを踏んで独立したので、参考にしていみてください。

タスクで実績を積む

「クラウドワークス」や「ランサーズ」といったクラウドソーシングのサイトには、「タスク」という難易度の低い仕事が豊富にあります。

早い者勝ちでどんどん作業していくタイプの仕事で、Webライティングの経験が問われないことが多いです。

未経験のWebライターはタスクから取り組み、実績を積みましょう。

タスクは単価が低いのですが、高い品質は求められていないことがほとんどです。

未経験のWebライターでも稼ぐことができますし、仕事をしながらPREP法やSEO対策を実践し、上達することができます。

プロジェクトに応募する

タスクで実績を積んだら、プロジェクトに応募しましょう。

プロジェクトはタスクと異なり、発注者がWebライターの募集をかけ、応募したライターは採用されれば仕事をして報酬をもらうことができます。

定員を超える応募があった場合、発注者がWebライターを選びます。

実績あるWebライターほど採用されやすくなるので、タスクで実績を積みましょう。

プロジェクトはタスクより単価が高い傾向にあり、1文字1円以上の仕事もあります。

在宅で稼げるWebライターになるためには単価の高い仕事を受注する必要があるため、高単価なプロジェクトにも積極的に応募しましょう。

ブログを運営する

クラウドソーシングでの受注とは別に、ブログを運営してスキルを高めることもおすすめです。

人気が出てインフルエンサーのような立場になれば、大手企業から直接の仕事の依頼を受けることもあります。

「1文字5円」「1文字10円」といったクラウドソーシングではほとんど出会えない高単価な仕事を受注できる場合があるのです。

 

筆者も、大手旅行メディアから高単価な依頼を受けたことがあります。

旅行メディアのため在宅ワークではなくなりましたが、交通費や宿泊費をすべて負担してもらって旅行を楽しみ、さらに高い報酬をもらって記事を執筆できたため、かなりおいしい仕事でした。

このような仕事を受注したいなら、好きなジャンルでブログを運営することをおすすめします。

Webライターの仕事があるクラウドソーシング

初心者にポイントを教える女性

未経験のWebライターが在宅での仕事をゲットするなら、クラウドソーシングが便利です。

クラウドソーシングは記事制作を依頼したいクライアントとWebライターを結びつけるサービスなので、コネやツテのない未経験の方でも仕事を獲得できます。

Webライターの仕事がしたいなら、次の2つのクラウドソーシングに登録しましょう。

  • クラウドワークス
  • ランサーズ

国内最大手の2社で膨大な仕事が募集されており、未経験者が在宅でできるWebライティングの仕事も豊富にあります。

どのようなサービスなのかそれぞれ解説していきましょう。

クラウドワークス

クラウドワークスは、登録者数が200万人を超えるクラウドソーシングです。

ランサーズよりもユーザーが多いため、案件の数が豊富です。

一定の基準をクリアしたユーザーは「プロクラウドワーカー」に認定され、仕事を受注しやすくなります。

クラウドワークスを使う場合は、プロクラウドワーカーの基準を確認して実績を積み、未経験からプロクラウドワーカーにステップアップしましょう。

ランサーズ

ランサーズは、登録者数が100万人を超えるクラウドソーシングです。

クラウドワークスと比べると案件数は少ないですが、国内最大手で十分な案件数があります。

ランサーズで募集されるプロジェクトは、単価が普通か優良かなどが判定されています。

極端に低単価な案件はそのように表示されるので、未経験の方が不当なレベルの低単価で働かされるリスクを下げることができます。

まとめ

Webライター未経験の方も、クラウドソーシングを使って在宅ワークで稼ぐことができます。

高収入を目指すなら、PREP法やSEO対策などを身につけて、高単価な仕事の募集に応募しましょう。

(Visited 120 times, 1 visits today)
Close