Written by 4:19 PM 知識・スキル

【体験談】転売が儲かる理由とは?儲かるもの・商品の探し方とおすすめ販売先

転売は儲かる

転売は、サラリーマンや主婦に人気が急上昇している副業です。

「今から始めても転売は儲かる副業なのか?」そんな疑問を持つ方に対して、転売が儲かる理由を紹介します。

また、転売を副業で行い稼ぐことができた筆者の経験をもとに、商品の探し方から転売が向いている人の特徴までを解説していきます。

【体験談】転売は儲かる?副業で始めてみた結果

お金のサインを出している手

まずは、筆者のプロフィールと転売で儲けるまでの軌跡を紹介していきましょう。

筆者プロフィール

筆者は、30歳でサラリーマンを辞め転売を含む小さなビジネスで稼ぎながら生活している現在31歳の男です。

年収300万円で子ども2人を養っている状況だったため、生活は厳しく収入をあげるために稼げる副業を探していました。

その後もサラリーマンとして働きながらいくつもの副業や投資を行っていましたが、失敗することが多かったです。

その後、転売と出会ったことで毎月安定した副業収入を稼ぐことができ、ビジネスを拡大することができました。

そもそも「転売」とは

転売とは、安く買った商品をネットで高く売ることで、差額の利益を得る商売です。

「せどり」と呼ばれることもあります。

商品を安く買うためには、実際にあるショッピングモールや家電量販店など、通常はお買い物に利用する店舗で販売している安売り商品から仕入れていきます。

仕入れた商品は、個人で商品を販売できるフリマサイトやAmazonなどの大手ショッピングサイトを利用して販売していくことが一般的です。

 

転売というと、ライブチケットや品切れ続出のプレミア商品のイメージが強いですが、ここで紹介する転売は誰もが購入できる商品を安く仕入れて販売する手法を紹介しています。

近年は、ネットショッピングやフリマアプリなどの個人間売買サイトが増加したため、誰でも日常で仕入れられる商品の転売が可能となりました。

副業で転売を始めて儲けるまでの軌跡

筆者は、友人からの紹介で約3年前から転売を始めました。

インターネットで転売で稼ぐための方法を調べ、同じように実践していったことが始まりです。

当時は会社員として働いていたため、まずは週2回の休日を転売に利用していきました。

インターネットで「転売 儲け方」などと検索した情報だけを頼りに、自宅周辺の店舗やネットショップで利益の出そうな商品を仕入れて販売するのが主な作業の流れです。

 

最初は「これだけで本当に儲かるのかな?」と疑問に思うこともありましたが、初月から5万円、2ヶ月目には10万円を稼ぐことができました。

この成功体験がきっかけでその他の副業が軌道に乗り始め、サラリーマンからの独立が近付きました。

転売は、基礎を学んでしまえばあとは単純作業の繰り返しが多く、筆者が本業で忙しいときは知識のない妻に作業を手伝ってもらうことも可能でした。

このような経験から、本当に誰でもできる仕事だと今でも確信しています。

転売で儲けるまでの具体的な方法は、この後の項目で紹介していきますので興味のある方はぜひ参考にしてみてください。

今から始めても転売が儲かる理由

ネットで商品を購入する人

転売で儲けている人がいることを知ったとき気になるのは、「今から始めても転売が儲かるのか?」ということでしょう。

確かに、ネット上に稼ぐ方法が掲載されていて、さらに転売を行う人が増えている状況の中、本当に稼げるかは不安に感じるはずです。

ここでは、今からでも転売が儲かると考えられる理由を2つ解説します。

理由①:ネットショッピング利用者の増加しているから

今からでも転売で儲けられるのは、ネットショッピングの利用者が増加していることが主な理由です。

Amazonやメルカリなどのネットショッピング利用世帯割合は50.5パーセントとなり、国民の半数以上がネットで買い物をしていることがわかっています。

 

また、総務省によれば新型コロナウイルスによる外出自粛の影響でネットショッピング利用者は一年前と比べて16.5パーセント増加しています。

今までネットを利用しなかった世帯でもネットでのお買い物が習慣化していくため、ネットで商品を販売する転売ビジネスは今後も伸びていくと考えられます。

 

転売は、主にネットで商品を販売するビジネスです。

市場規模が伸びていくことはビジネスチャンスが広がっていくことに直結します。

転売の知識は、商売の基礎知識が詰まったビジネスなので新しいチャンスに適応するスキルが身につくでしょう。

理由②:リサーチツールが充実しているから

スマホやパソコンで利用可能な転売のためのリサーチツールが充実していることも理由の一つです。

転売は、安い商品を仕入れることが何よりも大切です。

商品を安く知れるためには、スマホやパソコンで専用ツールを利用して商品をリサーチします。

このリサーチツールは、スマホだけで無料で使えることも多く、誰でも簡単に利用可能です。

ツールの通りに仕入れするだけなら特別なスキルが不要なので、今から始める転売初心者でも稼ぐことが可能です。

 

ただし、無料ツールが誰でも使えるようになり、ライバルが増加していることもまた事実。

さらに高機能な有料ツールを導入するとライバルに差をつけることができます。

資金に余裕があるかたは数千円の課金でライバルと差をつけることができるでしょう。

転売で儲けやすいおすすめ販売先

ネットショップ

転売には複数の販売先があり、それぞれにメリット・デメリットがあります。

ここでは、転売初心者におすすめの儲けやすい販売先を紹介します。

販売先①:メルカリ

メルカリとは、日本最大手のフリマサイトです。

フリマサイトなので、個人が出品したい商品を自由な価格で販売できます。

スマホ1台だけで誰でも利用できるため、利用者も多く、購入者も多いというメリットがあります。

 

一方で、商品が売れるたびに梱包・配送の必要があるため、自分自身ではコントロールしにくい手間と時間が発生します。

配送のために毎日郵便局やコンビニへ行く時間がなかったり、作業が面倒だと感じる方はメルカリを利用した転売をおすすめしません。

 

ただし、今から転売を始めるのなら売れやすく始めやすいメルカリは必須の販売先だと言えます。

時間がない方は無理にとはいいませんが、別のサービスと同時に利用しながら少しずつ利用していくことが大切です。

販売先②:Amazon

Amazonは、世界中で利用されているネットショッピングサイトです。

誰でも販売者登録をするだけで、仕入れた商品を販売できます。

 

転売の販売先としてAmazonを利用する最大のメリットは、販売代行サービス「FBA(フルフィルメント・バイ・アマゾン)」を利用できることです。

「FBA」を利用すると、販売する商品をまとめてAmazon倉庫に納品するだけで、その後の販売・梱包・発送までの作業を代行してもらえます。

毎月の月額料金と販売手数料は発生しますが、削減できる手間と時間を考えると確実にお得なサービスです。

今から副業で転売を始めて一円でも多く儲けたいという方はAmazonのFBAサービスの利用をおすすめします。

 

加えて、メルカリなどのフリマサイトと比較するとAmazonは信頼度の高さから出品価格が高くなる傾向があります。

同じ商品を販売するのなら少しでも高い金額で販売したいと思いますよね。

基本的にはAmazonで販売しながらメルカリの方が高く売れそうな商品だけ販売先を変更する方法がおすすめです。

販売先③:ebay

ebay(イーベイ)とは、世界で約190ヵ国に商品を販売できるネットショッピングサイトです。

ebayは日本での知名度は低いですが、世界的には知名度が高く利用者も多いです。

日本だけではなく、販売先を全世界の利用者に広げることができるというメリットがあります。

 

一方で、サイトが日本語に最適化されておらず、購入者とのコミュニケーションも英語というデメリットがあります。

日本人にとってハードルが高いですが、そのハードルの高さにより転売での利用者が少ないため、使い方によってはライバルが少なく稼ぎやすいという特徴があります。

 

日本国内だけでは転売のライバルも多く、稼げる金額も限度があります。

今後、転売から大きなビジネスへ発展させていきたいという希望がある方はebayの利用で世界中の流行を取り入れておくことをおすすめします。

また、日本国内でしか手に入れにくい商品やマニアックな商品が高額になりやすいので、その商品だけはebayを利用するなど商品ごとに出品してみる方法も売上アップへの近道です。

転売で儲かる商品の探し方

パソコンの上にあるショッピングカート

続いて、転売で儲かる商品の探し方を紹介しましょう。

転売は、まず儲かる商品を見つけなければ、利益を出すことはできません。

商品の探し方は大まかに分けて2つです。非常にシンプルですが、重要な内容なので確認しておきましょう。

探し方①:セール情報を探す

まずは、セールをしている店舗やネットショップの情報を探しましょう。

闇雲に店舗をまわったりネットショッピングサイトを見続けていても安く仕入れられる商品は見つかりません。

 

セール情報を見つけるには、ネットでセール情報のチラシを確認できるサイトを利用したり、セール情報を共有するコミュニティに参加することがおすすめです。

転売は、最低限の情報を知った上で行動することがもっとも重要です。

まずはセール情報を知り、安売り商品を見つけやすい店舗からまわることを意識しましょう。

副業の方は貴重な休みを利用して転売を行うはずなので、1秒も無駄にしてはいけません。

探し方②:ツールを使ってリサーチする

セールを行っている店舗を見つけたら、ツールを使用して商品をリサーチしていきます。

決してご自身の感覚だけで仕入れ判断をしないようにしてください。

仕入れできそうな安売り商品を見つけたら、転売用のスマホアプリやツールを利用してリサーチしていきましょう。

リサーチツールを使用すると、「転売による利益額」と「商品の売れ行き」をその場で確認できます。

リサーチツールで「売れ行き良好な利益商品」を見つけたら仕入れ、「それ以外の商品」は仕入れないという判断をしていきます。

 

この段階では、難しいことを考えずにツールに表示された情報だけを頼りに仕入れしていきましょう。

これは簡単な作業に感じますが、初心者のうちほど判断に迷います。

なぜなら、リサーチツールでは売れ行きが悪いけど「自分自身の感覚では売れるような気がする」という主観が入ってしまい、無駄な商品を仕入れるミスが多くなってしまうからです。

転売で稼ぐ際の注意点

マスクの転売

転売を始めるには注意点があります。

ここでは、これから始める方が特に注意すべき2点を解説します。

注意点①:中古品転売には古物商許可が必要

1つ目は、中古品を仕入れて転売する場合「古物商許可」が必要という注意点です。

古物商許可とは、中古品を取り扱う転売ビジネスをする際に必要となる許可です。

この許可を取らずに中古品転売をすると、無許可営業で逮捕される可能性もあるため、必ず許可をとってから中古品を扱いましょう。

古物商許可は、管轄する警察署へ必要書類を提出することで取得できます。

取得したくない方は、新品商品のみに絞って転売を行うことも可能です。

注意点②:大量仕入れはしない

2つ目は、転売仕入れで同じ商品の大量仕入れをしてはいけないという注意点です。

先ほど紹介したように、リサーチツールで利益が出そうな商品が見つかると、つい10個・20個と大量に仕入れたくなってしまいます。

しかし、転売に慣れない初心者は大量仕入れをやめ、少量から仕入れることをおすすめします。

なぜなら、リサーチツールで確認した時点で利益が出る商品でも、仕入れた後に価格が下がって赤字になる場合もあるからです。

 

大量に仕入れた商品が値下がりすると大きな損失が発生します。

稼ぎ出す前の初心者はリスクを抑えるためにも大量仕入れをしないように注意してください。

転売で儲けるためのやり方

出品する人

転売は誰でも稼ぐことができる副業ですが、継続して稼ぐには少しのコツが必要です。

ここでは、転売で儲けるためのやり方を3つ紹介していきます。

やり方①:とにかく行動する

転売のやり方は、ポジティブな内容からネガティブな内容までネット上にたくさんの無料情報が溢れています。

そのネガティブな内容によって、なかなか行動できない人が多いです。

経験していないことを悩むよりも、基礎知識を学んだらまずは行動してみることが儲けるために必要な方法です。

行動しながら勉強することで知識が深まっていきます。

転売は仕入れる商品の量と金額を抑えるだけで同時にリスクも抑えることが可能です。

不安が先行して行動できない方は、まず少ない金額から仕入れて販売することで成功体験を積み上げることができるためおすすめです。

やり方②:常に知識をアップデートする

転売は、他のビジネスと比べて法律や流行が変化しやすい業界です。

その早い変化に対応するには、常に知識をアップデートする必要があります。

主力商品として稼いでいた商品が、急な規制によって販売できなくなるようなことが頻繁に起こります。

流行に上手に乗りながら取り扱う商品を入れ替えていくことが、儲けるためにもっとも大切な方法です。

 

知識をアップデートするには、ネット上にアップされる情報や販売先からの規約変更を定期的に確認して適応しなければなりません。

流行に乗るのが得意だったり、新しい情報を取り入れることが得意な方には転売は稼ぎやすいビジネスかもしれません。

やり方③:儲かる商品をリスト化する

儲かる商品が見つかったら、商品方法をリスト化していきましょう。

転売で継続した儲けを出していくためには、儲かる商品(リピート商品)をリスト化していくことが必要です。

リスト化する情報は、「仕入れ先」「仕入れ価格」などの基本的な情報だけで問題ありません。

儲かる商品のリスト化で、在庫が切れたらリストから同じものを何度も仕入れることができ、安定した利益を得られるようになっていきます。

 

転売に慣れてきたら、儲かる商品だけでなく店舗の定期的なセール情報など自分しか知らない情報をリスト化しましょう。

このように転売に使う労働時間を少しでも減らしていくことが収入を増やしていくコツです。

転売に向いている人の特徴

転売で得られた利益

転売は行動力があれば誰にでもできる副業ですが、向いている人には共通する特徴があります。

ここでは、2つの特徴に分けて紹介しますので、ご自身の生活と照らし合わせてみてください。

特徴①:副業を始めたいサラリーマン

転売は、これから副業を始めたい会社員の方に向いています。

さまざまな副業がある中で転売が向いている理由は、本業で働く時間に作業する必要がなく、休日のスキマ時間のみを使ってできる副業だからです。

始めたばかりのころは作業に慣れるまでに時間がかかりますが、短期間で利益を出しやすいため副業との相性も良いです。

 

特に、先ほど紹介したAmazonのFBAサービスの利用でさらに作業時間を減らせるでしょう。

残業時間が減って給料が下がったサラリーマンや、会社以外のところから収入を稼ぎたいと考えていた方は転売で副収入を目指してみるのはいかがでしょうか?

特徴②:時間がある主婦や学生

続いて、向いている人は自由に使える主婦や学生です。

転売は、時間をかければかけるほど儲けやすくなるという特徴があります。

お金を稼ぎたいけれどアルバイトはしたくないという方や、自由に使える時間があるという方におすすめです。

 

転売は、スキルがない主婦や人脈がない学生でも稼ぐことができます。

自信がないという方は、自分自身が興味のあるジャンルからでも問題ありません。

まずは「安く買って高く売る」だけに意識してフリマサイトを眺めてみてください。

転売すると利益が出る商品を見つけられるかもしれませんよ。

まとめ

ショッピングのお会計

転売で儲ける方法と具体的なやり方までを紹介してきました。

転売は今から始める方でも行動力だけで稼げるビジネスです。

筆者も、何も知らない状態からインターネットにある無料情報だけを頼りに毎月10万円以上稼げるようになりました。

 

この記事を最後まで読んでいただけるような勉強熱心な方なら必ず転売で儲けることができるはずです。

ぜひ、参考にして新たな挑戦をしてみてください!

 

なお、「せどり」に関してはこちらで詳しく解説しています。

(Visited 42 times, 1 visits today)
Close